TVドラマ ハケン占い師アタル

ハケン占い師アタル 第1話あらすじ

2019年1月17日に放送をスタートしたTVドラマ「ハケン占い師アタル」のあらすじを記録していきます。

ネタバレ記事になりますので、録画してある動画等で楽しみたい方は、閲覧にご注意ください。

仕事や私用で観ることができなかった人や、どんな内容のドラマなのか、ざっと確認したいだけ、というリサーチ目的の方々等に読んでいただければと思います。

 

番組情報とキャスト

【放送日時等】

テレビ朝日 毎週木曜日 21:00~

【原作と脚本】

原作となる作品は存在せず、「家政婦のミタ」や「過保護のカホコ」等を手掛けた、遊川和彦が脚本と演出を担当している作品。

【主題歌】

JUJU 「ミライ」

役柄と役者名

主人公(派遣社員)

的場 中(杉咲 花)

占い師

キズナ (岩村 麻由美)

 

部長 

代々木 匠 (及川 光博)

課長

大崎 結 (板谷 由夏)

社員

上野 誠治(小澤 征悦)

社員

田端 友代(野波 麻帆)

社員 

神田 和実(志田 未来)

社員

目黒 円(間宮 祥太朗)

社員

品川一真(志尊 淳)

 

第一話 前半

イベント会社のシンシアイベンツ制作Dチームに、派遣社員としてやってきた的場中(マトバ アタル)。

アタルは、社会人経験が全く、何もかもが初体験の様子。

教育係のような立場になった神田(志田未来)が色々と仕事を教えていく。

 

アタルは、50人の赤ちゃんを集めなければならないイベント企画の会議で議事録をつける役を命じられた。

初めて会議へ参加したアタルは、「記念写真を撮っていいですか?」と、あらゆることに外国へ旅行しに来た観光客のような反応を見せる。

 

神田は、あまりにも何も知らないアタルに対し、「今まで本当に働いたことが無いの?」等、その理由についても質問するが、「それについては言いたくありません」とキッパリ断られてしまう。

 

イベントの為の赤ちゃんを集める活動を手伝うことになり、神田と一緒に外回り等も経験する。

仲間内でアタルの歓迎会も開かれ、これに嬉しそうに参加した。

 

初めての事ばかりな割に、かなりの潜在能力を感じさせる働きぶりで、伝票整理等を見ごとにこなしていく。

 

第一話 後半

神田は、妊娠したことを恋人に言えずにいた。

妊娠の事は誰にも言っていなかったが、歓迎会の際、アタルは何故かノンアルコールを持ってきてくれた。

神田は、自分が妊娠していることに気付いてアタルが気を利かせたのではないかと疑う。

 

数日後、なんとかイベントに必要な人数が集まり、当日の段取りについて打ち合わせをしていると、神田が手配するはずだった景品が届いていないことに気付く。

 

神田は、先方が届けてくれると思い込んでいたが、こちらから取りに行かなくてはならない事が判明。

急遽、アタルと一緒にすぐに受け取りに行け!との指示が出る。

 

会社を飛び出し、景品を受け取りに行くが、アタルは初めてのトラブル体験に喜んでいる様子。

景品をラッピングするための備品等を購入し、アタルも一緒に残業して包装を手伝う。

 

なんとか当日を迎えるが、体調不良等で帰宅してしまう参加者が5名発生する。

急遽、ショッピングモール内にいる人の中から、赤ちゃん連れの参加を呼び掛けることになる。

 

なかなか参加してくれる人が見つからずに焦っている神田に、アタルが「あの人なら参加してくれるかもしれませんよ」と声をかける。

次々に、「あの人も」と、まるで未来が見えているかのように神田に教え、実際に参加にこぎつける。

 

無事にイベントを通過できると思った矢先、神田がイベントセットを倒してしまい、赤ちゃんが一斉に泣きだす。

イベントは大混乱になり、クライアントからクレームが発生してしまった。

神田は、このミスで、部長から厳しい言葉を受ける。

 

このタイミングで、神田は、恋人に妊娠を打ち明けた。

しかし、自分が司法試験に合格するまで子供は待った方が良いと言われてしまう。

思い悩んだ神田は、スマホで占いサイトを探す。

 

すると、「どんな悩みもズバリ解決する天才占い少女」という番組の動画に辿り着く。

それが、幼い頃のアタルだと気付いた神田は、アタルにその映像を見せて「これ、あなただよね」と問い詰める。

 

今までの数々の疑問がアタルの予知能力だと気付いた神田は、自分のことも占ってくれないかと必死で頼む。

しかし、アタルは「あたし、もうそうゆうのしないんで」と冷たく断る。

 

神田は、アタルに子供をおろそうとしていたことを告白し、再び産婦人科へ向かおうとする。

そんな神田の状況を見かねて、アタルは「わかりました。あなたを見ます」と言う。

 

アタルは、態度を豹変させ、「言っとくけど、10万だよ」と自分の占い価値を誇示する。

「今回は、特別に3つまで質問して良い」と言われる神田。

 

一つ目の質問をせかされ、「自分はなんで友達ができないのか」という質問をする。

すると、過去の自分の映像が目の前に浮かび上がり、いじめられていた小学生時代の体験が再現された。

 

クラスメイト達に、「神田さんはクサイよね」と言われている場面で、神田のトラウマになっているようだった。

これを、臭いだと思っていた神田だったが、アタルに真実を告げられる。

 

クサイの意味は「あんたのつくり笑い」の事だと指摘され、笑いたい時には笑い、笑いたくない時には笑うなと諭される。

 

二つ目の質問は、「仕事でミスばかりするのは向いていないという事か」と聞く。

アタルは、即答で「それは、他人が決める事ではなく、自分で決める事なんじゃないの?」と言い放たれ、「どうして色々なことが自分で決められないのでしょうか」と聞く神田。

 

それが最後の質問でいいのかと聞かれ、頷く神田に、「要するに、あんたには愛がないんだよ」と言われる。

皆に気を使っている神田は、これに納得できずに反論するが、アタルが言っている愛とは「自分に対する愛」のことだった。

 

ラッキーカラーやパワーストーンに頼るだけではなく、自分にしかできない事があることを知れというメッセージを残してアタルは部屋を出て行った。

 

翌日、神田は自分に妊娠したことを同僚達に打ち明ける。

自分の正直な気持ちを伝え、子供も産みたいと思っていると告白した。

その上で、皆と一緒にここでもう少し働かせてほしいとお願いする神田。

 

すると、先日ミスしたイベントのクライアントから電話があり、記念品と一緒に入れておいたメッセージカードが参加者に喜ばれ感謝していると言われる。

SNS等で評判が広がり、結果的にクライアントの評価を受ける結果となる。

 

神田は、アタルと一緒に景品を包装した夜、アタルが帰った後に徹夜してメッセージを書いていた。

一人一人の赤ちゃんに対して、「アトピー早く良くなるといいですね」等と異なるメッセージを書いていた。

 

仲間達からも、神田にしかできない仕事だと賞賛され、アタルの言っていた事の意味を理解する。

神田は、これまで大事にしていたパワーストーンを捨て、自分の意思を大切にしようと心に決めている様子で再スタートする。

 

アタルは、神田に友達になりたいと言われて喜ぶが、「でも、占いのこと人に行ったらぶっ殺すから」と言い残して去っていく。

神田が、アタルの二面性に唖然としてEND。

 

まとめ

どうやら、占いのレベルを超えた力を持っている様子のアタル。

今度、どのような形で誰にその能力を使っていくのかが見どころになりそうです。

 

また、杉咲花さんの演技が、主人公の二面性と得意な雰囲気を上手く表現しており、物語の面白みを引き出しているように感じました。

独特の存在感があり、今後の活躍が楽しみな女優さんですよね。

 

凄腕の占い師という以前に、人間の持つべき本質を見抜いたアドバイスをすることが、結果的に正しい方向へと導く占いとなる、というメッセージが込められているように感じる物語です。

ハケン占い師アタル 第2話あらすじ

2019年1月17日に放送をスタートしたTVドラマ「ハケン占い師アタル」第2話のあらすじ記事です。 ネタバレ記事になりますので、録画してある動画等で楽しみたい方は、閲覧にご注意ください。 仕事や私用で ...

-TVドラマ, ハケン占い師アタル

Copyright© Blobuzz Club , 2020 All Rights Reserved.