グッドワイフ

グッドワイフ 第3話のあらすじ

ドラマ「The GOOD WIFE 第三話」のストーリーをまとめていきます。

常盤貴子さん演じる弁護士主婦の痛快逆転劇が話題となっているドラマです。

見逃してしまった人のために、第三話「隠された罠」編のあらすじをご紹介していきます。

 

The GOOD WIFEのキャスト等

 

【放送日時等】

毎週日曜 夜9時から TBSで放送中

 

【原作】

アメリカの人気ドラマシリーズ「グッドワイフ」をリメイクしたリーガルドラマで、2016年には韓国でリメイクされています。

また、ロシアでもリメイク予定がある、世界的に人気のドラマですので、これは面白い事間違いなさそうです。

 

メインキャスト

蓮見 杏子(常盤貴子)  主人公
蓮見 壮一郎(唐沢寿明) 元東京地検特捜部長(杏子の夫
蓮見 幸枝(高林由紀子)
蓮見 隼人(小林喜日)
蓮見 綾香(安藤美優)

神山 佳恵(賀来千香子)   神山多田法律事務所 共同経営者
多田 征大(小泉孝太郎) 神山多田法律事務所 共同経営者
円香 みちる(水原希子) 神山多田法律事務所パラリーガル
朝飛 光太郎(北村匠海) 神山多田法律事務所(仮採用弁護士)
戸梶 涼太(中林大樹)
佐竹 凛子(末永みゆ)

脇坂 博道(吉田鋼太郎)東京地検特捜部長(蓮見の後任)
佐々木 達也(滝藤賢一)東京地検特捜部所属(蓮見の元部下)
林 幹夫(博多華丸)      蓮見の弁護士

 

グッドワイフ第3話 あらすじ

グッドワイフ 第2話のあらすじ

ドラマ「The GOOD WIFE 第二話」のストーリーをまとめていきます。 常盤貴子さん演じる弁護士主婦の痛快逆転劇が話題となっているドラマです。 見逃してしまった人のために、第二話のあらすじをご紹 ...

物語は、列車脱線事故の案件の説明から始まる。

回送列車がカーブを曲がり切れずに脱線し、乗客から死亡者は出なかったが、運転手だけが命を落としていた。

 

ブレーキ痕が無かったことから、運転手の居眠りが原因とされた。

しかし、会社側の過剰労働の疑いが残っており、これが裁判での争点となりそうだった。

 

神山多田法律事務所の依頼人は、死亡した運転手の妻で、鉄道会社に対して1億円の賠償金を請求した。

しかし、鉄道会社の顧問弁護士は、見舞金50万円で納得しないなら、車両の損害賠償を請求すると言ってきた。

 

後日、鉄道会社の顧問弁護士が、亡くなった運転手が事故前の検査で違法薬物を使用していた疑いがあったことを忠告に来る。

杏子は、依頼人の家に足を運び、故人が飲んでいた薬を調べた。

 

蓮見の母に頼まれて、拘留中の蓮見に会いに行く杏子。

そこで、蓮見と杏子は、久しぶりに夫婦らしい会話をする。

 

一方、法律事務所のメンバー達は、鉄道が所定の位置で止まれなかった記録(オーバーラン)が3件あったことを突き止める。

杏子は、亡くなった運転手の手帳にあった「OR」という文字が、オーバーランの略だと気付く。

過重労働との関連性を立証できれば、裁判に勝てる可能性が出てきた。

 

パラリーガルの円と調査を進めていくが、社員達は口封じをされているようだった。

杏子達は、鉄道会社を退職した人達にも聞き込みを進めることにする。

 

その後、鉄道会社を退職した北原という男が、会社側から過重労働との因果関係を隠ぺいする為、口止め料として高額な退職金を受け取っていたことを告白してくれる人物が現れる。

 

裁判になれば、証人として証言もしてくれるとの約束を得たことを伝えると、鉄道会社側は「裁判は困るので、要求をのむ」と言ってきた。

1億円の支払いと、遺族への謝罪等を条件に和解へと進んでいたが、事故現場で偶然に出会ったホームレスの話を聞き、杏子は事件の真実に気付く。

 

鉄道会社が隠ぺいしたかったのは、過重労働ではなく、ブレーキの故障だった。

ホームレスの男は、運転手が鳴らした汽笛の音を聞いており、運転手が居眠りをしていたという可能性が極めて低かったのだ。

 

事実、運転手の過失ではなく、車両故障が問題だった。

鉄道会社は、1年に一度交換が義務付けられているブレーキ部品を経費削減で2年に一度にしていた。

 

この事実を、退職者の北原が証言してくれた。

全ての事実を明るみにし、集団訴訟も視野に入れて再度訴訟に踏み切ることになる。

 

この件がニュースで流れ、それを自宅で目にする杏子。

アナウンサーの口から、横浜地検が事前の調査でブレーキのせいび不良に気付いていた事実があったと報じられるのを耳にする。

 

内部告発による調査で、自己が未然に防げた可能性があったことから、脇坂は責任を追及される立場へと追い込まれた。

取材陣に対し、「今はお答えできません」の一点張りで通す脇坂。

 

第三話 あらすじ(次回へ)

佐々木と蓮見は、拘留されている施設のトイレ内で密談を交わす。

蓮見は、顧問弁護士に依頼し、賄賂を受け取ったとされている企業が計画倒産だった証拠を掴んでいた。

蓮見は「手は打ってある」と佐々木に伝える。

 

実は、蓮見は拘置所内から脇坂を失墜させる算段を組み立てていた。

顧問弁護士の林を使い、事故死した運転手の妻に、杏子を紹介させていた。

 

杏子が事件の真相を暴き、脇坂が失墜するまでのストーリーを描いていた。

杏子も、夫の見えないサポートに気付き、夫を信じ、もう一度向き合う気持ちを考え始めてEND。

第四話

グッドワイフ 第4話のあらすじ

ドラマ「The GOOD WIFE 第四話」のストーリー(あらすじ)紹介記事です。 常盤貴子さん演じる、弁護士主婦の痛快逆転劇が話題のドラマです。 見逃してしまった人のために、第四話「過去との決別」編 ...

-グッドワイフ

Copyright© Blobuzz Club , 2020 All Rights Reserved.