TVドラマ ハケン占い師アタル

ハケン占い師アタル 第6話のあらすじを3分で説明!

TVドラマ「ハケン占い師アタル」第六話のあらすじ記事です。

ネタバレ記事になりますので、録画してある動画等で楽しみたい方は、閲覧にご注意ください。

仕事や私用で観ることができなかった人や、どんな内容のドラマなのかざっと確認したいだけ、というリサーチ目的の方々等に読んでいただければと思います。

 

スポンサーリンク

番組情報とキャスト

【放送日時等】

テレビ朝日 毎週木曜日 21:00~

【原作と脚本】

原作となる作品は存在せず、「家政婦のミタ」や「過保護のカホコ」等を手掛けた、遊川和彦が脚本と演出を担当している作品。

【主題歌】

JUJU 「ミライ」

役柄と役者名

主人公(派遣社員)  的場 中(杉咲 花)

占い師   キズナ (岩村 麻由美)

【イベント会社のメンバー】

部長 代々木 匠(及川 光博)
課長   大崎 結(板谷 由夏)
社員   上野 誠治(小澤 征悦)
社員 田端 友代(野波 麻帆)
社員 神田 和実(志田 未来)
社員 目黒 円(間宮 祥太朗)
社員 品川一真(志尊 淳)

 

第六話 あらすじ(前半)

ハケン占い師アタル 第5話のあらすじを3分で説明!

TVドラマ「ハケン占い師アタル」第五話のあらすじ記事です。 ネタバレ記事になりますので、録画してある動画等で楽しみたい方は、閲覧にご注意ください。 仕事や私用で観ることができなかった人や、どんな内容の ...

 

今回は、イベント会社で課長を務める大崎 結をメインとした話でした。

 

ある日、大崎は、部長の代々木から内々の人事について聞かされた。

各課から一人ずつ、鴨川の倉庫に出向要員を出すことになったのだった。

 

人員削減のリストラともとれる指示に、大崎は頭を悩ませる。

部下と上司の間に挟まれ、最近やる気を出している部下達の事を考えると、どうしても決断ができずにいた。

 

一方、大崎は家庭でも悩みを抱えていた。

息子の様子がおかしい事、夫が浮気をしている事なども同時進行で起こっていた為、かなり深刻なストレス状態に陥っていた。

 

そして、大崎は、人事の噂を聞いた部下達から誰を鴨川に行かせるつもりなのかと詰め寄られる。

大崎は、思わず、「誰も辞めさせたりしないから安心して」と言ってしまう。

 

しかし、部長からは「早く誰にするか決めろ」と言われ続け、期限まで迫られていた。

精神的に限界を迎えた大崎は、翌日にメールで「私はチーフ失格です。探さないでください」と送信した。

 

大崎は、占い師のところへ行き、死にたくなってしまったと相談していた。

そして、この占い師は、アタルの母親だった。

 

会社に遅れてやってきた大崎は、メンバー達に「私が辞めるのが一番いいのよ」と言い、荷物を持って出ていこうとする。

そして、占い師から「行くところがないなら、いつでもうちにいらっしゃい」と言われたので、しばらくそこへお世話になろうと思うと言い出す。

 

それを聞いたアタルは、それが金儲けをするための手口だと忠告する。

大崎は、「じゃあ、どうすればいいのよ」と泣き始める。

 

アタルは、そんな大崎に、自分から「あなたをみます」と口にする。

 

アタルの占い

大崎の質問は、「出向のことはどうしたらいいか」というものだった。

アタルは、「アンタはどうしたいの?」と聞き返す。

 

誰も辞めさせたくないが、会社が納得しないだろうしと困り果てる大崎に、「それをなんとかするのがリーダーの仕事なんじゃないの?」と突っぱねる。

 

大崎は、自分にはリーダーの資格が無く、いつか偽物だとバレるのではないかと不安に思っている面があった。

誰かのマネばかりして、背伸びして生きてきた自分を「偽物」と感じているようだった。

 

アタルはそんな大崎に、毎日頑張って続けていれば、それはもう本物だと教える。

そして、権力を振りかざし、部下の気持ちを無視するのが本物のリーダーなのかと問い正す。

 

悪いことは部下のせいにし、手柄は自分のものにするような奴等こそ、「偽物」だと教える。

本物のリーダーは、誰よりも部下のために悩んでいる大崎の方だと教え、アタルは部屋を出ていく。

スポンサーリンク

あらすじ(後半)

気持ちが吹っ切れた大崎は、部長に対して一つの提案をする。

1名を出向さて削減できる給与分を、売り上げで補填するというものだった。

つまり、このままのメンバーで一人分多く利益をあげれば、誰も辞めさせないで済むという言い分だった。

 

大崎は、部長に対し、社長に直談判してでもこの挑戦をさせてもらうと言った。

すると、アタルがこの人事は、部長が勝手に独断先行したものだとバラす。

社長が「経費削減していこう」と言ったので、部長の代々木は、ゴマスリのために結果を欲しがっていたのだった。

 

こうして大崎は、無事にリーダーとしての役目を果たし、誰も出向させない結果となる。

部下達に、改めて大崎のリーダーとしての資質を認められEND。

 

まとめ

普段は、何気なく働いている仲間にも、プライベートではそれぞれ複雑な事情を抱えていたりするものですよね。

今回の話のように、何かが吹っ切れて自分が変わると、全てがスムーズに動き出すものだと思います。

正しい思考で生きるって、大切だなぁ・・と思わせてくれるストーリーでした。

ハケン占い師アタル 第7話のあらすじを3分で説明!

TVドラマ「ハケン占い師アタル」第七話のあらすじ記事です。 ネタバレ記事になりますので、録画してある動画等で楽しみたい方は閲覧にご注意ください。 仕事や私用で観ることができなかった人や、どんな内容のド ...

-TVドラマ, ハケン占い師アタル

Copyright© Blobuzz Club , 2020 All Rights Reserved.