グッドワイフ

グッドワイフ 第7話のあらすじを3分で説明!

ドラマ「The GOOD WIFE 第七話」のストーリー(あらすじ)紹介記事です。

常盤貴子さん演じる、弁護士主婦の痛快逆転劇が話題のドラマです。

見逃してしまった人のために、第七話消された真実編のあらすじをご紹介していきます。

急いでいる人や、結末だけ知りたい人は、目次から後半部分を拾い読みすると良いと思います。

3分もあれば、全体の流れが掴めると思います。

 

The GOOD WIFEのキャスト等

【放送日時等】

毎週日曜 夜9時から TBSで放送中

 

【原作】

アメリカの人気ドラマシリーズ「グッドワイフ」をリメイクしたリーガルドラマで、2016年には韓国でリメイクされています。

また、ロシアでもリメイク予定がある、世界的に人気のドラマですので、面白くないわけがありませんね。

 

メインキャスト

蓮見 杏子(常盤貴子)  主人公
蓮見 壮一郎(唐沢寿明) 元東京地検特捜部長(杏子の夫
蓮見 幸枝(高林由紀子)
蓮見 隼人(小林喜日)
蓮見 綾香(安藤美優)

神山 佳恵(賀来千香子)   神山多田法律事務所 共同経営者
多田 征大(小泉孝太郎) 神山多田法律事務所 共同経営者
円香 みちる(水原希子) 神山多田法律事務所パラリーガル
朝飛 光太郎(北村匠海) 神山多田法律事務所(仮採用弁護士)
戸梶 涼太(中林大樹)
佐竹 凛子(末永みゆ)

脇坂 博道(吉田鋼太郎)東京地検特捜部長(蓮見の後任)
佐々木 達也(滝藤賢一)東京地検特捜部所属(蓮見の元部下)
林 幹夫(博多華丸)      蓮見の弁護士

 

第七話 前半のあらすじ

グッドワイフ 第6話のあらすじを3分で説明!

ドラマ「The GOOD WIFE 第六話」のストーリー(あらすじ)紹介記事です。 常盤貴子さん演じる、弁護士主婦の痛快逆転劇が話題のドラマです。 見逃してしまった人のために、第六話「崖っぷちの選択」 ...

 

杏子は、多田が杏子の携帯電話に入れた告白のメッセージを知らないままでいた。

一方、多田は、杏子から何も反応が無いことから、その気がないものと判断していた。

 

そんな時、杏子と多田にまた新しい案件が入る。

有名なIT系企業の社長が勝手に映画のモデルにされて損害を受けた為、裁判をしたいという内容だった。

 

社長のライフスタイルをねつ造され、会社のイメージに大きな影響を与えていた。

映画でイメージを壊されたことで株価は下がり、1000億円にものぼる損害が出ていたのだった。

 

これを理由に損害賠償を請求するかと思いきや、社長は賠償金の請求はしないと言う。

映画の上映取り止めと、製作側の代表によるSNS上での謝罪を要求していた。

 

しかし、弁護士事務所としては、賠償金が無い案件は成功報酬が無いので困る。

そこで、IT社長は、着手金の提示と、顧問弁護士の座を約束した。

前年度の年商が950億円のIT企業の顧問になれるのは、非常に魅力のある条件だった。

 

蓮見の事件の進捗

蓮見を弁護することにした杏子は、会見が終わったら全てを話すことを強要する。

蓮見は、杏子と元部下の佐々木に、自分が掴んでいる情報を教える。

内閣官房副長官の南原次郎が、イーデンスというIT企業から莫大な裏金を受け取っていた可能性について話した。

 

間もなく、蓮見は情報提供者から再度連絡を受ける。

証拠の文書を引き渡してもらえることになり、ある場所で待ち合わせた。

 

しかし、蓮見には検察側の尾行が付き、なんとしても情報提供者との接触をさせない構えを見せていた。

蓮見は、杏子の事務所へ赴き、尾行をまく手伝いを依頼する。

 

なんとか待ち合わせ場所に辿り着き、相手の姿が見えてきた時、検察側が手配した警察官がその人物に職務質問をかけ、連行されていかれてしまう。

脇坂は、この人物に口封じをし、証拠の文書(データ)を手に入れることに成功。これを、南原の手に渡した。

 

その頃、杏子は蓮見の浮気相手の女性記者を訪ねる。

しかし、既に女性は退職していた。

その際、女性が大きな事件の記事をまとめかけていた事を知る。

 

蓮見は、杏子からそれを聞き、その記事が南原の汚職と関係している可能性があると直感する。

彼女に話を聞きに行くという蓮見。

杏子は、これに対し「私が行く」と意思表示する。

 

訴訟案件の結末

裁判が始まり、映画との類似点等を指摘するが、全て偶然だと主張されて決め手とはならないまま1回目の公判が終了する。

 

蓮見の事件で忙しく動く杏子をフォローして、多田と朝飛が巻き返しを狙って動き始める。

映画で大ブレイクした洋服に目を付けた多田は、映画のスポンサーから証言を得られるのではないかと考えた。

 

つまり、スポンサー達は、映画のグッズや洋服の販売が目的で、映画製作会社側から「あのIT社長をモデルにした映画に出資しませんか?」と営業をかけていた可能性が高いと睨む。

 

案の上、そのような話があったことを聞きだした多田は、スポンサーの税務的な弱点を突いて証言を約束させる。

見事、裁判に勝利し、顧問弁護士の座を獲得する。

 

まとめ

蓮見の事件の真相を巡る動きが、物語の中心になってきました。

来週は、杏子が夫の浮気相手に会いに行くところからのようです。

来週も目が離せませんね。

グッドワイフ 第8話のあらすじを3分で説明!

ドラマ「The GOOD WIFE 第八話」のストーリー(あらすじ)紹介記事です。 常盤貴子さん演じる、弁護士主婦の痛快逆転劇が話題のドラマです。 見逃してしまった人のために、第八話「裏切り者」編のあ ...

-グッドワイフ

Copyright© Blobuzz Club , 2020 All Rights Reserved.