グッドワイフ

グッドワイフ 第9話のあらすじを3分で説明!

ドラマ「The GOOD WIFE 第九話」のストーリー(あらすじ)紹介記事です。

常盤貴子さん演じる、弁護士主婦の痛快逆転劇が話題のドラマです。

見逃してしまった人のために、第九話堕ちた正義編のあらすじをご紹介していきます。

急いでいる人や、結末だけ知りたい人は、目次から後半部分を拾い読みすると良いと思います。

3分もあれば、全体の流れが掴めると思います。

The GOOD WIFEのキャスト等

【放送日時等】

毎週日曜 夜9時から TBSで放送中

 

【原作】

アメリカの人気ドラマシリーズ「グッドワイフ」をリメイクしたリーガルドラマで、2016年には韓国でリメイクされています。

また、ロシアでもリメイク予定がある、世界的に人気のドラマですので、面白くないわけがありませんね。

 

メインキャスト

蓮見 杏子(常盤貴子)  主人公
蓮見 壮一郎(唐沢寿明) 元東京地検特捜部長(杏子の夫
蓮見 幸枝(高林由紀子)
蓮見 隼人(小林喜日)
蓮見 綾香(安藤美優)

神山 佳恵(賀来千香子)   神山多田法律事務所 共同経営者
多田 征大(小泉孝太郎) 神山多田法律事務所 共同経営者
円香 みちる(水原希子) 神山多田法律事務所パラリーガル
朝飛 光太郎(北村匠海) 神山多田法律事務所(仮採用弁護士)
戸梶 涼太(中林大樹)
佐竹 凛子(末永みゆ)

脇坂 博道(吉田鋼太郎)東京地検特捜部長(蓮見の後任)
佐々木 達也(滝藤賢一)東京地検特捜部所属(蓮見の元部下)
林 幹夫(博多華丸)      蓮見の弁護士

スポンサーリンク

第九話 前半のあらすじ

グッドワイフ 第8話のあらすじを3分で説明!

ドラマ「The GOOD WIFE 第八話」のストーリー(あらすじ)紹介記事です。 常盤貴子さん演じる、弁護士主婦の痛快逆転劇が話題のドラマです。 見逃してしまった人のために、第八話「裏切り者」編のあ ...

 

蓮見は、南原と繋がっていると睨んだのは、元部下の佐々木だった。

蓮見は、佐々木に対してトラップをかけ、廃棄しろと命じた書類の行方を追わせていた。

本物の証拠書類は保管しており、偽物の書類が南原に渡るのを確認したのだった。

 

佐々木は、これを認める。

佐々木は、自分なりのやり方で検察の体勢を変えようとしていたと語る。

南原の政治的な汚い力を利用してでも、大義のために手段を選ばない道を選んでいた。

そして、佐々木は、「あなたの作る強い検察を見せてください」と言い残し、そのままビルの上から飛び降りて自殺する。

 

南原は逮捕され、蓮見の疑いは全て晴れた。

検察に復帰することになった蓮見は、そのための準備を始める。

子供達に改めて潔白を説明しようと切り出した杏子に、蓮見は「話しておきたいことがある」と言う。

後で連絡する約束をして夫と別れる杏子。

 

そこへ、脇坂が事務所に姿を現す。

脇坂は、パラリーガルの円香と蓮見の過去に不適切な関係があったと切り出す。

そして、円香の夫が入手したという証拠の写真まで持ち込んできた。

 

3年も前に既に夫に裏切られていた事を知った杏子は、自宅で蓮見にこれを問い詰める。

事実を認める夫に、「子供達が買える前に出て行って」と告げる。

 

杏子と朝飛の採用結果

事務所では、とうとう二人のどちらが採用されるかが決められることになる。

その結果、成績で少し上回っていた朝飛が首を切られることになり、杏子が採用された。

 

朝飛は、事務所は実力よりも「検事正の妻」というオプションを重視したと考え、事務所を今日限りで辞めると言って出て行く。

採用が決まった杏子は、神山に対して「私が検事正の妻だから採用されたのですか」と確認する。

神山はこれを否定したが、内心ではは二人を五分五分だと考えており、検事正の妻だから採用を決めていた為、当てが外れたと感じていた。

 

杏子は、それを聞いたうえで、夫とはいづれ別れようと考えている旨を伝えた。

そして、この離婚の意思は、裏で多田にも伝わる。

多田と話をした際、夫が多田からのメールを消していたことにも気付いた杏子は、益々夫への信頼が薄れる。

 

一方、円香と杏子の関係はギクシャクする。

円香は、杏子を屋上に呼び出して謝罪するが、杏子は「後悔しているのは信じるが、過去は変えられない」と答える。

今後、仕事上では今まで通りにお願いしますと言い、円香もこれを承諾する。

しかし、翌日、円香は多田に退職の意思を伝え、人員の補填をお願いした。

 

後半のあらすじ

蓮見は、ホテル暮らしをしながら過ごすことになりながらも、無事に検察へと戻る。

記者会見を終え、元の役職へと就任した。

杏子は、子供達には夫の浮気について黙ったまま、離婚をする決意を固めていた。

 

蓮見は、検事正の御手洗という男が、佐々木の暴走を知っていながら見て見ぬふりをして利用していたものと睨むんでいた。

御手洗は、佐々木の件の責任を脇坂に追わせることも読んでいた。

 

検事正として職場に戻った蓮見は、取りつかれたように何かを調べ始める。

その途中で、蓮見はある弁護士に特定の裁判官との不正の疑いがあることに気付く。

蓮見は、脇坂を利用してこれを徹底的に調べさせることにするが、その弁護士は多田だった。

 

そして、検察側の調査が入り、多田は贈賄容疑で逮捕される。

事務所は、令状による捜索差押えの対象となり、本格的な捜査が始まった。

拘留された多田の前に蓮見が現れてEND。

 

まとめ

来週は、とうとう最終回です。

蓮見と杏子の復縁はあるのか、多田は本当に不正な贈賄容疑をしていたのかが気になる所です。

そして、この物語の最後がどのようにまとめられるのかにも注目ですね。

-グッドワイフ

Copyright© Blobuzz Club , 2019 All Rights Reserved.