TVドラマ ハケン占い師アタル

ハケン占い師アタル 第9話のあらすじを3分で説明!

TVドラマ「ハケン占い師アタル」第九話(最終回)のあらすじ記事です。

ネタバレ記事になりますので、録画してある動画等で楽しみたい方は閲覧にご注意ください。

仕事や私用で観ることができなかった人や、どんな内容のドラマなのかざっと確認したいだけ、というリサーチ目的の方々等に読んでいただければと思います。

スポンサーリンク

番組情報とキャスト

【放送日時等】

テレビ朝日 毎週木曜日 21:00~

【原作と脚本】

原作となる作品は存在せず、「家政婦のミタ」や「過保護のカホコ」等を手掛けた、遊川和彦が脚本と演出を担当している作品。

【主題歌】

JUJU 「ミライ」

役柄と役者名

主人公(派遣社員)  的場 中(杉咲 花)

占い師(中の母)   キズナ (岩村 麻由美)

【イベント会社のメンバー】

部長 代々木 匠(及川 光博)
課長   大崎 結(板谷 由夏)
社員   上野 誠治(小澤 征悦)
社員 田端 友代(野波 麻帆)
社員 神田 和実(志田 未来)
社員 目黒 円(間宮 祥太朗)
社員 品川一真(志尊 淳)

 

第九話 あらすじ(前半)

ハケン占い師アタル 第8話のあらすじを3分で説明!

TVドラマ「ハケン占い師アタル」第八話のあらすじ記事です。 ネタバレ記事になりますので、録画してある動画等で楽しみたい方は閲覧にご注意ください。 仕事や私用で観ることができなかった人や、どんな内容のド ...

 

疲労による体調不良で倒れてしまったアタルは、病院で目を覚ます。

どうやら、占いをすると疲労が蓄積するらしかった。

毎週のようにアタルに占いをさせていた同僚達は、気を使ってアタルに何も相談しないようにしようと決める。

 

元気になったアタルは、自分の企画した卒業式のイベントに向けて皆と準備を進めていく。

その中で、仲間達の悩みに気付いてしまうアタルだったが、占いをやめると誓った為、見ないように努めていた。

それでも、大好きな仲間達の悩みは気になってしまい、ついつい意識が向いていた。

 

課長の大崎は、夫の母親の面倒をみなければならない状況になっており、仕事を辞めることを考えていた。

部長の代々木は、知人が立ち上げた代理店に来ないかという話があり、悩んでいた。

上野と田端は、今後のお互いの関係をどうするかですれ違い始めていた。

神田は、別れた恋人から連絡があり、復縁をしたいと言われていた。

目黒は、神田にプロポーズを考えてタイミングに悩んでいた。

品川は、企画のアイデアが浮かばず、自分の才能について思い悩んでいた。

 

そんな中でイベントが進んでいき、当日を迎える。

しかし、トラブルが起きてしまい、イベントが失敗しそうになる。

その時、アタルは占いの能力を使って危機を乗り越え、イベントは成功して終わった。

 

アタルは、使わないと誓った能力を使って成功したことを思い悩んでいた。

様子のおかしいアタルに気付いた仲間達は、アタルの悩みを聞き、アタルに占いを続けることを勧める。

一緒に働けなくなるのは寂しいものの、アタルにしかできない事を仕事してやってみればどうかと提案された。

 

アタルの占い

アタルは、自分でも薄々それに気付いていた様子で、「わかりました」と答える。

そして、「みなさんをみます」と言って、一人ずつに言葉をかけていく。

 

神田には、目黒に本当の気持ちを伝えなければダメだと教える。

そして、神田は、その場で目黒に対して元恋人と復縁することを伝えた。

目黒は、「その代わり幸せになってね」とこの決断を受け入れる。

 

その目黒には、「もうすぐ運命の人と巡り会うので、そのままでいてください」と伝える。

品川には、「将来、上野に負けないくらいの伝説のイベントを創れる才能がある」と励ます。

 

上野には、自分の気持ちをストレートに伝えるようにと言い、上野はその場で田端に気持ちを伝えた。

田端には、悲観的に考える癖があり、家族の事等を考えて結婚に消極的になっているが、上野なら大丈夫だと伝える。

 

大崎には、「会社を辞めてはいけない」と言い、更に「大崎さんは将来ここの社長になる人です」と伝えた。

なんとか辞めないで済む方法を見つけ、仕事を続けることをアドバイスし、大崎もこれに納得する。

部長の代々木には、給料が半分になっても、本当に働きたいと説得すれば家族もわかってくれると伝えた。

 

エンディング

アタルは自分の大好きな仕事として、人を助けるための占いを続けていくことを宣言する。

そして、イベント会社での最後の日を迎えた。

 

今までお世話になった人達に一人ずつ声をかけていくアタル。

そして、忙しそうな皆の姿を見て、黙って去っていくことにする。

 

会社のロビーを出ようとするアタルだったが、これを大崎達が呼び止める。

そこには、同僚達全員の姿があった。

 

最後に、アタルは「あたしの夢は、いつかクライアントとして皆さんにイベントをやってもらうことです」と言い残し、会社を去っていく。

そして、アタルは町役場のような場所に入っていき、そこにいる職員に言う。

 

みなさんをみます。 派遣占い師 アタルです

END

まとめ

アタルは、これからも色々な職場で派遣占い師として働きながら、色々な人を助けていくことを決めたようです。

続編があるかどうかは分りませんが、色々と気付かせてもらえるドラマだったように思います。

どれも当たり前の事と言えばそれまでですが、改めて感謝や謙虚さを持つことの大事さに気付かせてもらえる話が多かったです。

みなさんはいかがでしたか?

-TVドラマ, ハケン占い師アタル

Copyright© Blobuzz Club , 2019 All Rights Reserved.