グッドワイフ

グッドワイフ 最終回(第10話)のあらすじを3分で説明!

ドラマ「The GOOD WIFE 最終回」のストーリー(あらすじ)紹介記事です。

常盤貴子さん演じる、弁護士主婦の痛快逆転劇が話題のドラマです。

見逃してしまった人のために、最終回最後の審判編のあらすじをご紹介していきます。

急いでいる人や、結末だけ知りたい人は、目次から後半部分を拾い読みすると良いと思います。

3分もあれば、全体の流れが掴めると思います。

The GOOD WIFEのキャスト等

【放送日時等】

毎週日曜 夜9時から TBSで放送中

 

【原作】

アメリカの人気ドラマシリーズ「グッドワイフ」をリメイクしたリーガルドラマで、2016年には韓国でリメイクされています。

また、ロシアでもリメイク予定がある、世界的に人気のドラマですので、面白くないわけがありませんね。

 

メインキャスト

蓮見 杏子(常盤貴子)  主人公
蓮見 壮一郎(唐沢寿明) 元東京地検特捜部長(杏子の夫
蓮見 幸枝(高林由紀子)
蓮見 隼人(小林喜日)
蓮見 綾香(安藤美優)

神山 佳恵(賀来千香子)   神山多田法律事務所 共同経営者
多田 征大(小泉孝太郎) 神山多田法律事務所 共同経営者
円香 みちる(水原希子) 神山多田法律事務所パラリーガル
朝飛 光太郎(北村匠海) 神山多田法律事務所(仮採用弁護士)
戸梶 涼太(中林大樹)
佐竹 凛子(末永みゆ)

脇坂 博道(吉田鋼太郎)東京地検特捜部長(蓮見の後任)
佐々木 達也(滝藤賢一)東京地検特捜部所属(蓮見の元部下)
林 幹夫(博多華丸)      蓮見の弁護士

スポンサーリンク

最終回のあらすじ

グッドワイフ 第9話のあらすじを3分で説明!

ドラマ「The GOOD WIFE 第九話」のストーリー(あらすじ)紹介記事です。 常盤貴子さん演じる、弁護士主婦の痛快逆転劇が話題のドラマです。 見逃してしまった人のために、第九話「堕ちた正義」編の ...

 

多田と小宮(裁判官)との間に癒着の疑いがかけられ、定期的に行っていた多田と小宮の会食が賄賂を渡す目的だったのではないかと追及される。

多田が過去に弁護した案件で、一審を担当したのが小宮裁判官だった際、多田側のクライアントが無罪を勝ち取っていたが、二審ではこれが覆っている案件があった。

一審で勝てたのは、小宮裁判官が多田に有利に裁判を進めた可能性があるというのが検察側の主張だった。

 

神山多田法律事務所側としては、この二審の判決が最高裁に上告中であり、二審で無罪になった被告人が検察関係者の親族であることに目を付けていた。

多田は、同僚達に対し、検察側は最高裁が結論を出す前に一審の結論にケチをつけ、二審の判決を正当化したいという思惑があるという考えを示した。

 

神山多田法律事務所としては、この裁判に負けることが事務所閉鎖に繋がることになる為、事務所で全力を挙げて裁判に臨んでいたが、多田側に不利な証拠ばかり出てきてしまい、杏子達は戸惑う。

多田は、定期的に10万円を引き出している形跡があり、その使途と行方がわからない状況だった。

 

しかも、それ以外にも、過去に別件で証言を金で買うような動きをしたことがあった形跡を追及されていた。

杏子は、一審の後、この真偽を多田に問いただす。

この問いに対し、多田は、過去に焦りからそのようなことをしたことがあった事を認めた。

 

それでも杏子は、真実を求めて調査を進めていく。

杏子は、多田に不利な状況の中、心のどこかで多田のことを信じていた。

パラリーガルの円香も、杏子と多田のために裏で証拠を集めていた。

 

そんな時、円香は、多田が小宮裁判官に金を渡している写真を入手する。

写真だけを見る限り、多田が小宮に金を渡していたのは明らかだった。

そして、これが検察の脇坂の手に渡っていた。

 

実は、多田と小宮は、訳あって冤罪の被害者を支援する団体へ寄付を行っていた。

小宮が出した判決で冤罪となった被害者がいて、その事への償いの気持ちがあったようだった。

公正中立であるべき立場の裁判官が、ある特定の団体を支援するのは望ましくないということで、内密にしていた活動だった。

 

しかも、支援している団体が係争中であった為、これが表に出ると慈善活動とはいえ、小宮裁判官の仕事上での立場が苦しくなる事情もあった。

結果、杏子達は、冤罪被害者団体への寄付の履歴を提出して勝訴を勝ち取る。

 

一方、蓮見は、佐々木を自殺に追いやった御手洗が、多田が二審で判決を覆された裁判の裁判官と癒着していた証拠を手に入れ、御手洗を連行する。

蓮見は、多田の事件をカモフラージュにして、御手洗の悪事の証拠を探していたのだった。

 

こうして、全てがかたずいた後、杏子は蓮見に今後のことを話す。

杏子は、蓮見を許せるかどうかモヤモヤした状態で向き合うのは嫌だと伝え、お互いに結婚指輪を外す。

 

それぞれが、日常に戻った様子がエンディングに流れてEND。

 

まとめ|エンディングの様子

蓮見は、佐々木の仇を討つことに成功しました。

御手洗に「とてつもなく強い検察を創りますよ」と宣言し、佐々木の分まで職務に邁進していくようです。

杏子は、引き続き神山の事務所で働き、蓮見とも良い距離感を保っている様子。

朝飛は、別の事務所に就職し、杏子達と裁判所で戦う姿が。

多田は、神山事務所から名前を外し、過去の不適切な行動について弁護士会に届け出る事を決める。

いつでも続編が放送できそうなシリーズですので、忘れた頃に復活するかもしれませんね。

-グッドワイフ

Copyright© Blobuzz Club , 2019 All Rights Reserved.