ニュース情報 株式投資情報

体調改善機器の関連株が上昇?!

この記事では、健康機器版の「トクホ」と呼ばれる、体調改善機器で一歩リードする企業や、関連株の可能性についてご紹介したいと思います。

体調改善機器は、医療・消費者団体にその効果を認定した機器であることを認定してもらい、それを販売時に表示することができる制度です。

新しい時代の健康関連機器によって、関連株にどのような影響があるか考えてみましょう。



体調改善機器

「体調改善機器」は、消費者が、適切な体調改善ができる機器であることを判断できる材料として、信頼度の高い表示になることが期待されています。

 

現在、医療・消費者団体の関係者が、効果の裏付けや安全面を審査して認定を行っています。

早ければ、2019年3月中にも第一号が認定される予定です。

 

この認定制度を利用し、商品の拡大を狙う企業が既に動き始めています。

認定後には、認定シールの貼付が許されますので、消費者に信頼されやすくなる効果があります。

 

また、今後は、行政や介護施設等で利用する健康機器には、認定商品が選ばれることになるはずです。

企業としては、体調改善機器に認定されることで、大きなマーケットが付いてくるという事になりそうです。

 

バイオラバー素材

山本化学工業という企業をご存知でしょうか。

トライアスロン向けの素材で90%以上の世界シェアを持っている企業です。

 

同社製のウエットスーツ等に使われている、バイオラバー素材製品が、体調改善機器に認定される可能性がありそうです。

バイオラバー素材で制作したウエアー(衣服等)は、その素材自体から赤外線が発生しており、筋肉が温められる効果があるそうです。

 

簡単に言えば、素材の中に石灰石が含まれており、これに赤外線を放射させる技術です。

炭酸カルシウム含有率99.7%という、極めて不純物の少ない岩石から高品質のラバーを生み出し、様々な分野で利用され始めています。

 

筋肉が程よく温められることで、運動能力を向上させる効果があるのだそうです。

軽い素材で、ウエットスーツ等には非常に適している上、水の分子を捉えることで親水機能を持たせて水との一体感を追及しています。

これにより、従来の60分の1まで水抵抗を減少させることに成功しています。

 

スポンサーリンク

オリンピック需要と株価

山本化学工業のバイオラバー素材は、ゴルフクラブにも応用されています。

独自製法により、グリップを握った時の接触面積を2.5倍に広げることで、力を分散させることなくグリップに伝わるようにしています。

 

パワーロスが少なくなることで、最大限のショットが可能になり、女性やパワーに悩むプレイヤーには嬉しい技術です。

このような技術は、確実に他のスポーツにも応用できる余地があるはずです。

 

東京オリンピックを控え、ウエットスーツやその他製品への広がりを見せることは間違いないでしょうから、関連株には注目が集まるかもしれません。

大手メーカーとの提携状況や、バイオラバー素材商品の売れ行きについて販売元のメーカーに着目しておきたいところです。

 

東京オリンピックでは、サーフィン等の種目もありますので、有名選手が使用することになれば話題になるかもしれません。

メダリストが着用した際には、第二波の株価上昇も考えられるかもしれないですね。

 

まとめ

今後、山本化学工業に限らず、体調改善機器の受注に関連する株が上昇する可能性があります。

企業業績の上方修正や好決算発表は、株価の上昇要因の一つですよね。

ストップ高をつけることもありますから、このような新製品情報にはアンテナを高くしておきたいところです。

-ニュース情報, 株式投資情報

Copyright© Blobuzz Club , 2019 All Rights Reserved.