旬の話題 TV放送

清水あいりが魔性の歌手デヴュー「関西弁あいうえお」が話題

魔性系グラビアアイドルとして活躍する清水あいりが、歌手デヴューを果たすそうです。

2019年7月24日にデヴューすることがが決まり、「関西弁あいうえお」を配信するとのことです。

清水あいりのプロフィールと共に、歌手デヴューについての詳細をまとめておきます。



清水あいりのプロフィール

清水 あいり

 

 

大阪府枚方市出身のグラビアアイドルで、現在は女優としてTV・映画・舞台・写真集で活躍中。

「平山 藍里」、「黒瀬 あいり」の芸名を経て、現在の「清水あいり」に落ち着く。

所属事務所は、ファンタスター。

実姉に、シンガーソングライターの「Ambi」を持つ。

【写真集より】

生年月日: 1992年12月17日

出身地: 大阪府 枚方市

身長: 156 cm

スリーサイズ: 90 - 58 - 85 cm

相性:あいりん、ぷゆ

特技:琉球空手(初段)

バラエティ番組等では、「童貞を殺す空手」として扱われた。

 

歌手デヴュー

「関西弁あいうえお」で7月24日に歌手デビューを果たす予定。

今回の楽曲は、清水あいりが日本テレビ系列の特番「女が女に怒る夜」に出演したのがきっかけとなっている。

 

『100人に口説かれた女』として出演した清水あいりは、番組内で男を惑わす魔性のテクニックを披露した。

この男を惑わす魔性のフレーズに目を付けたケンモチヒデフミが、ダンスミュージックにして楽曲化した。

 

因みに、ケンモチヒデフミは、2012年結成の音楽ユニット「水曜日のカンパネラ」のメンバーで、作詞作曲担当を務めています。

 

「関西弁あいうえお」は、清水あいりの悩殺フレーズを曲に乗せてつぶやかせる手法を採用。

「あかーん・・」・「いやや」・「ええやん」・「男の子やな」等、あざとい魔性系の関西弁を「あいうえお」に乗せている。

 

清水あいりも、まさかの展開に驚きを隠せない様子。

「自分の曲をレコーディングしたり、自分の曲を聴きながらミュージックビデオを撮影したりするのが信じられなかった」とこぼした。

 

その一方で、「私の良さを引き出してくれて、中毒性のある曲になりました」と曲の出来には自信をのぞかせている。

 

自身がヘビーローテーションで聴いているとのことで、デビュー曲はお気に入りの様子。

ミュージックビデオでは、清水あいりのコスプレとデートシーンの他、ダンスも披露している。

 

魔性の実力

清水あいりは、7月12日放送の『DTテレビ』に出演し、朝日奈央に対して「この席は誰にも渡さへん!」と宣言。

 

清水あいりは、休みだった朝日奈央に代わって進行役とDTジャーナリストを務めていた。オープニングトークでいきなり「この席は誰にも渡さへんやさかい」と宣言し、さすがの魔性キャラを演じている。

 

番組MCでお笑いコンビ・チュートリアルの徳井義実が「今日だけここにいてもらうけども……」と笑いにしようとするが、清水あいりはすかさず「イヤや」と応戦。

 

「徳井さん、私としたくないん? 私は、したいのにな」と迫った。

これには徳井もタジタジになり、言葉に詰まるばかりで、やりとりは魔性清水の勝利に終わった。

 

まとめ

大坂のノリと、持ち前のあざとさを武器に活躍する珍しい女優さんですね。

ライバルは、むしろ田中みな実さんかもしれません。(笑)

「関西弁あいうえお」がどれほどの反響となるかは不明ですが、今後もTV等で暴れまわりそうな予感がする女優さんです。

-旬の話題, TV放送

Copyright© Blobuzz Club , 2019 All Rights Reserved.