パソコン 知得情報

プログラミングスクールのオススメは1社だけ!

近年、プログラミング講座を受講して、スキルアップをしたいと考えている人が増えています。

スクール事業は好調で、子供向けのプログラミングスクールまで登場していますよね。

サラリーマンとして働く人達の中にも、転職や起業を目的としたプログラミング学習を始める人が増えているそうです。

確かに、少しプログラムに詳しくなるだけでも、社内での人材価値がかなり上がります。

そこで、数あるプログラミングスクールの中から、就職率と講座内容を重視して断然オススメのスクールをご紹介します。

 

ブロネコ
人間は大変だニャー



無料体験レッスン

プログラミングスクールを選ぶ際には、まずは無料体験レッスンや無料カウンセリングを受けようと考えるでしょう。

しかし、いくら無料だとは言っても、全てのスクールを試すのは大変ですし、膨大な時間がかかってしまいますよね。

 

多くの人は、「Web系」のプログラムについて学びたいと考えていると思いますが、選別の基準を「料金」や「授業内容」にしている人が多いのではないでしょうか。

でも、それは後で後悔することになる判断基準かもしれません。

 

WEB上には、複数のスクール紹介を同時に行う記事が多いですが、それは何故だか分かりますか?

その答えは、アフィリエイト設定(紹介料)の高いスクールを紹介しているだけの人が多いからです。

 

つまり、上位でオススメされているスクールは、「記事を書きたがる人が多いスクール」という事です。

報酬が高いスクールほど、紹介されやすいわけです。

 

「色々比較した方が良い」等と言われれば、確かに・・と思うかもしれません。

でも、はじめから一番良いスクールを教えてくれれば話が早いと思いませんか?

 

それに、一番良いスクールに絞れない人から紹介されても、説得力がありません。

この記事では、そのような投稿側の都合を考えず、圧倒的に優れていると思うスクールだけを正直に紹介したいと思います。

 

要するに、無料体験をするなら1社で充分なのです。

 

オススメのプログラミングスクール

国家資格のスクール等でも同じですが、「スクール」という組織で経営しているからには、各社にそれなりのノウハウがあります。

つまり、どこの学校へ行っても、合格できるだけの教材とコーチ陣がいるのです。

 

ですから、そもそも受講内容を心配する必要はそれほど無く、検討すべきなのは、むしろ「受講期間」、「受講料金」、「就職率」の3つです。

 

例えば、超短期で学習したいという人は、数週間で完了するような詰め込み型のコースを扱うスクールを探す必要があるでしょう。

 

しかし、通常ペース(数カ月)で学ぶのであれば、あとは「料金」と「就職率」だけの問題です。

そもそも、受講料金と就職率(就職サポート体制)が最も大事だと思いませんか?

 

料金については、分割で払うか、まとめて払うか、体系の違いである事も多いです。

目先の受講料よりも将来にどれだけメリット(リターン)が得られるかに着目すべきでしょう。

 

当然、わかりやすい授業であることも大切ですが、国家資格等ではないので、本人のやる気にかかっている部分の方が遥に大きいです。

それに、どこのスクールでも「わかりやすい授業」は意識し、追求しています。

 

あなたがプログラミングを学ぶ理由が「転職・就職」なのであれば、企業側から「あそこの学校を出ているなら安心だね」と思ってもらえることに最大の価値があるでしょう。

 

そう考えると、スクールへの受講料金は先行投資でもあります。

大学生達が「東大」や「京大」という肩書きに価値を見出すのと同じです。

 

「学校」であるからには、ネームバリューにも価値があり、そこにお金を出している面もあるのです。

 

DMM WEBCAMP

私からゴチャゴチャとプログラムを紹介するよりも、HPを見た方が早いでしょう。

ですから、本当に特記すべき部分だけ簡単に書きます。

受講者満足度90%以上のプログラミングスクール【DMM WEBCAMP】

 

DMMのスクールでは、「転職保証付き」という、一風変わったサービスを展開しています。

業界トップクラスの転職成功率で、その成功率は、なんと98%です。

 

見方を変えれば、企業から最も認知度の高いスクールかもしれません。

それだけ同行の卒業生がIT業界へ進出しているのですから、「同郷」的に思ってもらえるのは心強いですよね。

 

ほぼ100%に近い転職成功率ですので、保証サービスを展開できるのも頷けます。

生徒側からすれば、かなり心強いキャッチフレーズですし、多少費用が高くても相殺できると考える人も多いのでしょう。

 

講義内容(コース)としては、未経験者でも約3カ月で高いエンジニアスキルを身に付けることができる内容になっています。

 

受講完了後、3ヶ月以内に転職・就職できない場合は全額返金するという、転職・就職保証型プログラミングスクールですので、当然ながらオススメになりますよね。

 

DMMという母体にも安心感を持てると思いますし、知名度的にも問題ないスクールです。

就職できなければ費用も返金されるのですから、安心してチャレンジできますよね。

 

ブロネコ
これに決まりだニャ


スクールにお金をかけられない人は、プロエンジニア【完全無料】を検討するのがベストだと思います。

通常のプログラミングスクールで20万円以上かかる内容を無料で勉強できる仕組みになっています。

 

プロエンジニア

【未経験からプログラマ】完全無料であなたの就職をサポート

Webデザイナーとは?

どんな目的でプログラミングを学ぶかによりますが、Web系の仕事に就くのが最も身近で手軽な就職・転職先だと思います。

 

Web系の仕事は、WebデザイナーとWebプログラマーに分類されます。

デザイン関係の仕事では、Webページのデザイン構成や、細かい設定指示をしていく「コーディング」という作業がメイン業務となります。

 

Webデザイナーは、WEBサイト(HP)やブログ等、クライアントから依頼されたデザインを実現していく仕事ですね。

HTMLやCSSを組むコーディング作業を行う他、JavaScriptやjQueryのスキルも求められることがあります。

 

Webプログラマーとは?

Webプログラマーは、サイトのシステム自体を考えて制作(プログラム)する仕事です。

この世に存在しないインターネットショッピングのサイトを制作するとか、特殊なブログサービス等の制作を請け負う仕事をイメージすれば良いでしょう。

 

プログラミング言語は、「Java」、「Perl」、「PHP」、「Ruby」等を使い、内容的にもデザイナーに比べて高度なものです。

住宅業界で例えれば、「設計士」に当たるのがプログラマーで、「インテリアデザイナー」に当たるのがWebデザイナーだと考えれば良いと思います。

 

当然ながら、年収的にもプログラマーの方が高くなりますし、習得する難易度も高いです。

Webデザインとてプログラミングの両方ができれば理想ですが、このレベルでは独立も視野に入ってくると思います。

 

プログラマーの将来性

経済産業省の推計によれば、2019年を境にIT人材の平均年齢の上昇(高齢化)が進むことが予想されています。

この影響で、2030年には40~80万人規模でIT人材が不足すると試算されました。

 

プログラマーの需要はこれからも増加していくでしょうし、IT業界では新卒でも厚遇する方針を打ち出す企業が増えています。

 

コツコツと作業できる忍耐力と、特殊な専門知識が求められる職業ですが、中途半端な資格を取得するよりも将来有望だと考える人も多いようです。

 

実力と経験を積み、フリーランスとして月給100万円を超える仕事をする人もいます。

プログラミングスキルは、企業内での存在価値が高まる上、将来の独立等についても可能性が広がるスキルと言えますね。

 

昨今では、子供向けの専門スクールも登場し、人気を博しています。

有名なのは、テックキッズスクールで、60分の無料体験レッスンがあります。

 

ブログで紹介してもあまり旨味が無いので、宣伝している人が少ないように感じますが、子供が通うならナンバーワンのスクールです。

 

Tech Kids School【テックキッズスクール】

まとめ

スクールの利用料金は、自分への投資ですよね。

ですから、そのスキルで将来に自分がいくら稼げるのかを想像すれば良いと思います。

目の前で支払う受講料金等、それほど重要ではないことに気付くのではないでしょうか。

なんといっても、スクールは、有望企業に勤めることができる可能性に価値があるでしょう。

それが、【DMM WEBCAMP】を一番にオススメする理由です。

-パソコン, 知得情報

Copyright© Blobuzz Club , 2019 All Rights Reserved.