マネー 節約術

火災保険の申請はキャッシュバックを使わないと損!

天災による住宅の修繕工事を依頼しようとするときには、火災保険の適用が可能かどうか調べましょう。

この際、ちょっとしたポイントや、お得な方法がありますのでご紹介したいと思います。

火災保険の申請手続きをサポートしてもらえる上、キャッシュバックまで発生するサービスです。

 

スポンサーリンク

火災保険の補償対象

火災保険は、火災以外の修繕では補償の対象にならないと思っていませんか?

実は、火災保険の9割以上は、台風、雪、雷などの自然災害による損害にも適用される商品になっています!

ですから、火災の保険というよりは、「災害の保険」という意味合いで理解すると良いです。

 

ブロネコ
災害保険って名前にすればいいのにニャー

 

台風や大雪での被害では、屋根や外壁の損傷が起こる可能性があります。

屋根の上のように、高所の場合は損傷発生に気付くことができない場合もあります。

 

つまり、目視で判別できない軽微な被害は、見落とされている可能性があるのです。

このような事情から、「申請すれば家の修理費用に充てられたのに!」というケースがあるのです。

 

せっかく加入した保険を活かすことが出来ないままでいるわけですね。

もらえるお金を捨てているのと同じですから、本当に勿体ない話ですよね。

 

バズネコ
ニャるほどー

 

知らないと損!

一見、何も被害がないように見える家でも、築5年以上の一戸建の約70%以上で平均100万円前後の保険金が下りているそうです。

保険金負担なので、当然ながら自己負担額は実質0円です。

 

バズネコ
みんニャも確かめよう!

 

リフォーム詐欺に注意!

悪質な手口で、高額な工事を受注しようとするリフォーム業者が存在します。

例えば、少し古くなった家に営業をかけ、無料診断で建物をチェックし、「もうすぐ雨漏りするので、屋根の塗り替えをした方がいい」等と言うのです。

 

そう言われてしまうと、誰でも不安になってきますよね。

もう少し使える状況だったとしても、「早めに塗り替えをしておこう」と考えて工事を依頼してしまう人もいるはずです。

 

そして、その工事が手抜き工事(ただの簡易塗装)だったとしても、素人では気付くことができないでしょう。

本人は、「これで安心」等と思っているのですが、状況は工事の前とそれほど変わっていない事があるのです。

 

リフォーム業者を選ぶ際には、このようなリスクが付きまといます。

それに、建物の無料診断をさせてしまうと、なんとなく断り難くなりますよね。

工事を依頼するしかない雰囲気になることもあるかもしれません。

今からご紹介する新サービスは、こんなリスク解決する方法でもあるのです。

 

安心の建物診断

同じ「無料診断」でも、『火災保険を使って無料で直せる時だけ受注します』と宣言している業者であれば、安心できると思いませんか?

何故なら、工事内容に対して火災保険会社の審査が入るからです。

 

それに、火災保険会社が承認した工事は、保険会社から費用が支払われるので無料です。

火災保険の適用の無い工事について受注しないのであれば、そもそも火災保険が使えない工事を断る必要がありません。

 

この記事では、そんなサービスを2つご紹介したいと思います。

一つは、全国建物診断サービスというもので、自然災害によって修繕が必要となった可能性を無料で診断してくれるサービスを行っています。

家屋に不具合が発生するのは、大抵の場合は自然災害が原因ですよね?

 

ですから、台風等が通過した後には、このサービスが役立つ可能性が高いです。

自然災害との因果関係を調べ、保険費用の申請書類を無料で作成して送付してくれます

 

火災保険の申請手続き

火災保険を使って住宅の修繕を行う場合、保険対象として適合しているかを審査する手続きが必要になります。

この経過の中で、保険会社と1対1で交渉するのは少し不安ではありませんか?

 

保険会社側は「できるだけ保険金を払いたくない」というのが本音ですよね。

心無い保険担当者に言いくるめられてしまうリスクもゼロではないでしょう。

 

だからこそ、第三者にこの手続きをサポートしてもらう意味があります。

しかも、それが無料なのですから利用しない手はありませんよね。

 

全国建物診断サービス

全国建物診断サービスのサイトから、無料診断のモニター申し込みをすると、日程調整の上で専門家による無料診断が行われます。

キャッシュバックの得点もありますので、一度サイトを確認してみてください。

 

申し込みフォームも分かり易くて簡単です。

 

『火災保険に入ってはいるけれど、手続きのことが良く分からない』という人や、『どんな保険に入っていたか忘れた』等という場合でも、アドバイザーによる対応をしてくれますので安心です。

 

屋根の上の様子や、専門的な知識が必要なチェック箇所については、気付かないまま自体が悪化していくこともあります。

発見が遅れることで、自然災害との関連性が証明できなくなる可能性があります。

 

基本的には全国対応のサービスですので、家屋に負担がかかった様子があった時には、積極的に利用してみましょう。

 

まとめ

火災保険で修繕できる工事を、わざわざ身銭を払って負担している人もいるはずです。

知らなければ大損することになりますので、災害が起きた時にはこの記事のことを思い出してみてください。

火災保険の適用が無いと判明した場合でも、料金は一切かかりませんから、有効活用すると良いと思います。

自分の家だけではなく、ご高齢で一人暮らしをしている方などの耳に入れてあげても喜ばれるサービスではないでしょうか。

-マネー, 節約術

© 2022 Blobuzz Club