口コミ

ナイキ厚底ランニングシューズの最安値ショップ

オリンピックで使用できるかどうかで話題となったNIKEの厚底ランニングシューズが一般人のランナーにも人気になってきているようです。

オリンピックでの使用が審議されるくらいですから、その効果は立証されたようなものです。

そんなに性能が違うなら、誰でも欲しくなりますし、買わないにしても履いてみたいですよね。

購入の際には、トレーニング用レース用があるので、間違えないようにしましょう!

最安値ショップを調べ、随時更新していきたいと思いますので、参考にしてください。

シューズの特徴等は、記事後半に記載しておきます。




トレーニング用シューズ

まずは、日々のトレーニングシューズから慣れていくのが基本です。

記事後半で説明していますが、このシューズは一般的なランニングシューズとは違い、走法等の面で少し慣れが必要です。

 

オススメは、「ナイキ ズームペガサスターボ2」です。

他にもトレーニング用の商品はありますが、端的にオススメのものだけを掲載しておきます。

 

ナイキ ズーム ペガサス ターボ 2

最安値店で購入しよう!

 

 

レディース商品

レース用シューズ

レース用シューズは、テレビ等でも最もよく目にするモデルだと思います。

価格も高いですし、トレーニングシューズと合わせると、それなりの予算が必要になりますよね。

楽天会員の人は、ポイント〇倍のキャンペーン等にエントリーし、少しでもポイント還元されるように工夫すると良いと思いますよ。

 

ナイキズームXヴェイパーフライネクスト%

 


シューズ全面に敷かれたカーボンファイバープレートが、弾力をもらたし、レースを助けます。

新開発されたヴェイパーウィーブ素材のアッパーは強靭かつ超軽量です。

また、非常に低い保水性と通気性も備えています。

モー・ファラーや大迫傑など、エリートランナーのインサイトから着想を得て、ヴェイパーフライシステムをアウトソールからアッパーまですべてアップデートし、これまでにないナイキ史上最速のレーシングシューズを生み出しています。

 

スポンサーリンク

競合メーカーのシューズ

ナイキの躍進を黙って見物しているわけにはいかない他社競合メーカーも、次々と対抗商品を打ち出してきています。

ミズノは、「ウエーブエアロ」シリーズの最新作を前倒しで発表する事を表明しています。

 

アシックスでは、「グライドライド」という商品で対抗していますが、人気はイマイチというのが正直なところです。

心情としては、米国メーカーに負けず、国内老舗メーカーにも頑張って欲しいですよね。

 

厚底ランニングシューズとは?

これから購入を検討する方のために、「厚底シューズとは何か」という部分と、使用する際の注意点等をご紹介しておきたいと思います。

 

近年、マラソンや駅伝の大会で好記録が相次ぎ、これがシューズによる効果が大きいと話題となりました。

それが、ナイキ社製の厚底ランニングシューズ「ヴェイパーフライ」シリーズです。

 

そもそも、ナイキが「ヴェイパーフライ」シリーズを販売し始めたのは、2017年でした。

当初は、つま先着地の走法を身につける必要性が高く、万人向けではないと不評もありました。

 

しかし、2019年以降、改良された「ズーム ヴェイパーフライ ネクスト%」が、多くの一般ランナーに再び注目され始めました。

改良点は、ミッドソールの増量と、ソールの厚みを変更たことです。

 

厚底ランニングシューズとは呼ばれていますが、かかと部分だけが厚く、つま先にかけては薄くなっています。

この傾斜差が11ミリから8ミリ抑えられた為、かかと部からつま先部への傾きが緩くなり、走り易く感じる人のレンジが広くなったわけです。

 

それでも、傾斜に対して垂直に立てるかどうかが適応のポイントだと言われており、普通のシューズよりコントロールが難しい面もあります。

コツとしては、つま先で着地するような走り方をすることですが、前作よりも傾斜が緩くなったことで、足の中央で着地する走法でも炭素繊維のプレートによる反発力が得やすくなりました。

 

フォームや走法が大きく変わる為、慣れるまでには少し時間が必要だと思います。

それに、シューズに合った筋肉もつけていかなければ、本来の効果は得られないはずです。

日本人は、かかとから着地する走法をする人が多いので、対応力の高い人に向いているシューズとも言えますよね。

 

まとめ

アスリートの使うスポーツ用品は、技術の発展と共に新しいタイムを生み出すための重要ツールになっています。

良いタイムを出すには、良いシューズを持つことが必須」という流れは、今後も続いていくでしょう。

早い段階から、最新のシューズに慣れておくことが今後の課題になりそうですね。

お金の面でも、体(筋肉)の面でも大変な時代です。(笑)

楽天ポイント制度や、最安値ショップを利用して、少しでも節約していきましょう!

-口コミ

Copyright© Blobuzz Club , 2020 All Rights Reserved.