マネー

建て替えとリフォームの判断基準とは?

古くなった家を建て替えるか、それともリフォームで延命するかで悩む時、どのような判断基準を持つかによって結論は変わってしまいます。

ですから、どんな相手からのアドバイスに耳を傾けるかが、とても重要ですよね。

実は、家を立て替える際には、建築費用以外の面でも色々と考えなければならない事があります。

一般的に、建て替えかリフォームかを比較検討する基準として見落とされている部分を含め、総合的に判断するための基準についてご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

建て替えで考慮すべき点

建て替え」か「リフォーム」かの判断は、費用対効果を考えて決めようとする人が圧倒的に多いと思います。

しかし、それだけでは、将来を見据えた正しい判断ができていない場合もあるので、注意が必要です。

 

どういう事かと言うと、建て替えの場合、以下のような問題点が浮上する為、リフォームとの比較をする際には、個別に比較検討すべきという事なのです。

 

  1. 建築会社の坪単価
  2. いつまで住むのか
  3. 売却のタイミング
  4. 仮住まい費用

 

1.建築会社での違い

ハウスメーカーや工務店等、建築会社をどこにするかによって、建築コストは大きく変わりますから、比較をするならまずは施工会社を想定する必要があります。

要するに、建築時の坪単価の想定が必要になるわけですが、これが安すぎてもいけませんし、高すぎてもいけないわけです。

 

また、どの建築会社を選ぶかによって、建物の仕様や性能も変わりますから、自分の人生と照らし合わせて建物グレードも決めなければいけないのです。

正しい比較をするならば、このような面から考えることになります。

 

2.居住年数を考える

住宅の建て替えを検討する際、自分の直系尊属(子孫)が受け継いで住み続けるなら良いのですが、そうでない場合には考慮すべき点が出てきます。

 

建て替えをするくらいですから、通常は施主の年齢もそれなりに高齢になってきていることが多いですよね。

となると、10年から20年後には、老人ホームや子供との同居等を考えるケースもあるでしょう。

このように、先を見越して「建て替え後の住居年数」から、建て替えの必要性を見つめ直す事も肝心です。

 

3.売却の時期を考える

建て替えを行い、将来にそれを相続する人がいる場合、売却をすることになるケースもあります。

子孫が住み続けるなら、何も問題ありませんが、不動産は「いつ売却するのか」という視点で考えておくことも大切です。

 

あまり着目されていない視点から申し上げれば、売却時には「建物の間取り」がとても重要になります。

注文住宅(建て替え)の場合、住む人の好みで自由に間取りを考えてしまいがちですよね。

 

しかし、近い将来に売却をすることを想定しているなら、『無難な間取り』にしておく事が売れやすさに繋がります。

建売物件等でも、購入者に選ばれやすい間取りというものがあります。

 

一般的には、居室が全室南向きであるとか、リビングが広いといった特徴を持つ物件です。

その地域で家探しをする客層に合わせようとすると、4LDKよりもリビングの広い3LDKで建築した方が高く売れる場合もあるという事です。

 

仮住まい費用の発生

建て替えの際には、半年前後の仮住まいが必要になることも多いですよね。

短期とはいえ、家賃が発生しますので、この間の賃料コストも考慮しなければなりません。

 

また、2回の引越し費用を見込んでおかなくてはいけないでしょう。

大掛かりなフルリフォームの場合も、同じように費用が発生することになります。

 

リフォームで考慮すべき点

リフォームによる延命を選ぶ場合、「新築そっくりさん」のようなフルリフォームをしてそのまま住み続けるか、部分的な修繕的リフォームに留めるかの選択肢があります。

 

部分的なリフォームの場合、デザインリフォーム等、凝った注文をしなければ、依頼先による費用の差もそれほど大きくないのがメリットです。

一方、フルリフォームの場合には、再建築価格よりは安く済むものの、かなり高額な工事費がかかることも珍しくありません。

 

住宅コストで主要な部分は、キッチンやお風呂等の設備関係の他、サッシ等の入れ替えが大きな比重を占めています。

この為、フルリフォームの場合、工事費が新築とそれほど変わらないというケースさえあります。

 

リフォーム」と「建て替え」を正しく比較検討するには、ここまでにご紹介した様々な要因を全て総合的に考えて決断しなければいけないわけです。

それが、最も正しい検討方法ということになります。

 

補助金等の利用

地方自治体によっては、高齢者が必要とするリフォーム項目に対して補助金等が出る場合があります。

このような自治体の取り組みを活用することができれば、工事費用を抑える事ができますので、調べてみてください。

 

オススメの修繕方法とコスト削減策

建て替え」をするにしても、何らかの「リフォーム」をするにしても、絶対的にお得な修繕の知恵があるので、それをご紹介しておきたいと思います。

 

お金がかかずに修繕ができれば、しばらく考える時間もできますよね?

もしかしたら、修繕によってそのまま最後まで使える家になる可能性もあります。

また、工事をすればお金はかかるというのが当たり前の結論になってしまいます。

 

そこで、ご紹介したいのが、「火災保険で家を修繕する方法」です。

火災保険の補償範囲の中には、自然災害によって受けた家屋の損傷を補償してくれる商品が多いです。

 

ですから、これを使って無料で修繕ができる可能性から調べていくのが最善だと思いませんか?

考えてみれば、住宅の劣化というのは、自然の力によって起こるわけです。

つまり、台風や突風の他、豪雪や霰(あられ)等によって家が傷んでいた可能性もあるわけです。

 

このような災害との因果関係を専門家に調べてもらい、尚且つ、保険会社が納得する形で申請してもらえるサービスがあります。(しかも無料)

このような申請作業は、個人で対応することも不可能ではありませんが、保険会社相手に専門知識を駆使できる人は稀ですよね。

 

それに、家屋を調査してもらうのにも、通常はお金がかかる事です。

そこで、これをクリアできるサービスをご紹介しておきたいと思います。

 

お家のドクター.COM

火災保険が使えるかどうかを判断するための住宅診断と、火災保険の適用申請サポート無料で提供しているのは、お家のドクター.COM(公式ページ)です。

しかも、調査+アンケート回答によって5,000円がもらえるキャンペーンもあります

 

WEBページから簡単に申請することができ、全体の流れや、よくある質問等もコチラで確認することができます。

以下のような申し込みフォームから依頼すると、約2週間前後で住宅診断の実施をしてもらえます。

 

大雨、大雪、台風等の後に依頼することで、火災保険の適用が受けられるかもしれません。

火災保険によって補償されるのは、火災だけだと思っている人が多い為、多くの人が保険金をもらいそびれているそうです。

 

また、火災保険の申請手続きには、以下のような要件がありますが、お家のドクターを介すことで全て無料でクリアできます。

 

  • ハシゴなどを使った、屋根調査が必要になる
  • 傷が被災によるものか経年劣化によるものかの判別が必要
  • 被災箇所を適切な角度で写真撮影する必要がある
  • 具体的にいつの災害によって生じたものかを特定しなければならない
  • 被害に見合った適切な額の見積書が必要
  • 保険会社や鑑定人とのやり取りが必要

 

サービスの仕組み

何故、無料でそこまで出来るのかと不安になる方もいるかもしれませんので、このサービスの仕組みについても触れておきたいと思います。

 

お家のドクターは、消費者が安心して依頼できる業者を全国から集め、集客を担当しています。

つまり、工事業者から紹介料がもらえる立場にいるわけですね。

 

火災保険の申請には、適切な見積もりと手続きが必要になりますので、このようなサポートを行う代行料も兼ねて、施工業者と利益を分けていると思われます。

利益比率については不明ですが、消費者側とすればお金を払うことは一切ないわけですから、一向に構わない話なのです。

 

補修箇所が見つからず、火災保険が使えない場合でも、住宅診断や見積りに対してお金を取られることはありませんから、安心して依頼できますよね。

 

まとめ

リフォーム業者も、建築業者も、自分達の仕事がとりたい事情があります。

どちらがいいかという判断は、利害関係のない視点から見ていくと良いのではないでしょうか。

また、補助金や火災保険等を活用するといった「無料でできる事」から取り組んで行く事もコスト削減に繋がります。

まずは、無料で修繕できるところから手を付け、それが完了した上で比較検討するのがベストではないでしょうか。

-マネー

Copyright© Blobuzz Club , 2020 All Rights Reserved.