マネー 相続

借地権など、売りにくい不動産の売却方法

借地権が付いている土地の売却は、通常の不動産売買に比べて買い手を探すのに苦労します。

複雑な権利が付いている物件の他、底地、再建築不可、事故物件、任意売却、空き家、共有持分、立退き物件など、売却や処分に困る土地の扱いに悩んでいませんか?

相続等によって、このような難儀な不動産を受け継ぐこともあると思います。

この記事では、このような売却に苦労する物件についての解決策をご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

不動産売却の悩み

不動産売却の悩みとは、簡単に言えば「売れない」という状態ですよね。

買い手がおらず、いつまでも売却活動だけが続くような物件は、本当に困ってしまいます。

 

借地権や底地案件については、普通の不動産一括サイト等に依頼をしても、あまり効果がありません。

普通の不動産屋では、このような案件に長けている営業マンがいないからです。

 

難しい物件は、それを専門に扱う業者か、買取りを行う業者に査定させるのが一番です。

ダラダラと売却活動を続けていても、結局は業者が買取る価格まで値を下げなければ売れません。

 

はじめから買取を前提に査定競争をしてもらうのが最も早いわけですが、今までは、このようなサイトがありませんでした。

買取会社専門の一括査定サイトがあれば便利なのにとは思っていたのですが、とうとう登場しましたので、ご紹介しておきたいと思います。

 

買取業者だけが登録している一括査定システムは、私が知る限りでは「お困り不動産どうする?」というサイトだけです。

 

このサイトでは、不動産会社が直接買取を行う仕組みになっています。

この為、「査定額=買取金額」となります。

通常の不動産でも査定してもらうことができますので、不動産を急いで現金化したい人は、これが最速の動きになる可能性が高いです。

 

業界初のサービス

業界初のサービスとして登場した買取の一括査定サイトですから、急いで売却を進めたい人は、ここを使うしかない状況です。

 

仲介会社に依頼しても、権利関係が複雑で断らるといったケースもありますし、仲介業者に買取業者を探してもらう場合、好意にしている数社にしか話がいかない可能性が高いです。

 

つまり、買取業者の市場のような場所に物件を出し、お互いに競り合ってもらうのが理想なのです。

所有権に限らず借地権、底地、再建築不可、事故物件、任意売却、空き家、共有持分、立退き物件などに対応してもらえるので、まずは試してみると良いでしょう。

 

相続税対策の土地売却は資産の組み換えを意識しよう

相続対策の一つに「資産の組み換え」という方法があります。 富裕層に必要な話なので、あまり関係のない話に思えるかもしれませんが、相続税控除額の改正によって、意外に必要になる人も出てくると思います。 この ...

続きを見る

 

一般的な買取の流れ

不動産の買取りの話が成立するまでには、一般的にはかなり時間がかかります。

まず、不動産屋に売却相談をし、エンドユーザーに対して売りに出すところから始まります。

 

不動産業者と媒介契約を交わし、売却活動を一定期間に渡って行いつつ、買取業者にも査定をしてもらうようなイメージです。

この際、打診をかける買取業者は、売却を依頼している不動産屋の担当者が任意で選んだ相手でしかありません。

 

全ての買取業者と繋がっている営業マンなどいませんから、大抵は知っている範囲の業者に査定を依頼する程度です。

これでは、本当に高い金額で購入してくれる業者に辿り着けない可能性があり、しかも時間がかかります。

 

まとめ

買取りの一括査定サイトは、このような問題点を解決してくれる画期的なサービスということです。

現在、不動産仲介業者に売却を任せていて、しびれを切らしている方などは、試してみると良いと思いますよ!

それが、現時点での最も早い解決法だと思います。

-マネー, 相続

Copyright© Blobuzz Club , 2020 All Rights Reserved.