マネー 相続

税理士にオンライン相談する時の選び方と注意点

費用が安くて腕の良い税理士を探したいというニーズに応えるサービスとして『税理士ドットコム税理士選びのWEBサイト)』が人気を集めています。

親会社にあたる「弁護士ドットコム」は、株式市場に上場しており、多くの人に知られる存在となっています。

上場企業として名を連ねているのは、信用の証とも言えますよね。

安心して利用できるサイトとして人気を博しているわけですが、異業種の専門家等からは利用上の注意点を提言する人もいるようです。

この記事では、オンラインで税理士に相談したい人への注意点と、税理士の選び方等についてまとめておきたいと思います。

 

税理士ドットコムの特徴

コロナウイルスの影響で、税理士への相談もオンライン(WEB)で行いたいという需要が増えています。

そこで、目につくのが税理士ドットコムです。

 

有名なサイトになってきただけに、「税理士ドットコムってどうなの?」という具体的な疑問を持つ人も増えている事と思います。

 

コンサル系の仕事に携わる私としては、彼等はある意味で商売敵でもあります。

しかし、無料紹介サービスなので気軽に利用しやすく、利用ユーザーの約71%が顧問報酬の引き下げに成功している事実がありますので、何も否定できません(笑)

 

法人、個人事業主、個人の相続等、幅広く対応しており、既に契約中の税理士から乗り換える人が多いようです。

現在の税理士の顧問料が高いとか、帳簿上のことばかりでトータル的なアドバイスが無いといった不満を抱えている人が多いという事ですね。

 

また、世代交代等によって、税理士との相性や、年齢的なギャップを感じる人もいるようですね。

税理士選びの悩みがある人は、公式ページをチェックしてみましょう。

 

 

税理士選びの注意点

税理士選びは、依頼者側の立場によって大きく変わるものです。

ですから、税理士ドットコムを使えば、必ず良い税理士が見つかるわけでもありません。

 

例えば、法人の場合なら、企業の節税対策に強いことが条件になります。

個人の場合には、相続税対策としての知識等が必要になるケース等が考えられます。

 

このように、税理士の業務は、相手によって必要とされる知識の範囲が変わってくる部分があります。

税理士の人柄や相性も大切ですが、最も注意しなければならないのは、それぞれの税理士が持つ予備的なスキルに着目する事です。

 

税理士である以上、申告業務は当然に出来るわけですから、問題になるのは「プラスアルファ」の部分なのです。

不動産知識や保険に強い税理士等がいれば、普通の税理士に依頼するよりもずっと価値がありますよね。

 

また、後ろにあるブレーン(企業等との繋がり)も大切な見極めポイントです。

顔の広い税理士なら、逆に仕事をもらえることもあるでしょうし、別の顧問先との新しい関係等も広がる可能性があります。

 

意外に多い!税理士での失敗

税理士選びは、1回では終わらないケースがたくさんあります。

はじめは良いと感じていた税理士なのですが、後になってその欠点に気付くわけです。

 

税理士の仕事は、アドバイス等の成果が出るまでに長い期間を要します。

例えば、不動産投資等は、数十年後になって「間違っていた」という事が判明するわけです。

 

税理士の言う通りにして大損してしまった」という人は、意外に多く存在していて、中には破産しているケースもあります。

税理士は、基本的には『帳簿屋』であって、コンサルタントではありません。

 

不動産のプロでも無ければ、保険の専門家でもないのです。

そこを勘違いし、「税理士だから」という意味不明な信用力で言いなりになっている人がいるわけです。

 

彼等の使い方を間違えると、本当に大変な結末になりますので、注意しましょう。

 

スポンサーリンク

税理士の選び方

法人が税理士を探す場合は、その税理士の実績や、既存の顧問先等を参考にすれば良いと思います。

また、法人の場合、より安い顧問料で引き受けてくれる相手を見つけることでコスト削減になりますから、費用面での比較が重要視されるでしょう。

 

個人の場合は、相続税対策を兼ねて税理士に相談したいというニーズが増えています。

コロナウイルスの影響で、このような需要が増加しているようです。

 

このようなニーズには、幅広い知識が求められますので、税理士の選別がとても難しいです。

不動産資産等を含め、総合的なコンサルティング能力が必要だからです。

 

税理士ドットコムでは、近隣の税理士を優先的に紹介してくれますので、その中から自分のニーズに合いそうな税理士を探すのが効率的な動きです。

税理士の持つネットワークに着目し、不動産や保険の専門家等との連携がとれる税理士を探すのがオススメです。

 

ご自身のニーズによっては、マッチする税理士が見つからないかもしれませんが、無料ですので積極的に動いてみる事だと思います。

 

まとめ

オンラインで相談できる環境を整えている税理士は、まだまだ少ないです。

税理士ドットコムのようなWEBサイトと提携している税理士は、比較的にWEBサービスに対して前向きな人達と言えます。

WEB相談等への対応も早い段階で取り組む可能性が高い人達だと思いますし、既に環境を整えている税理士もいます。

税理士選びのコツは、WEB等への意識が高い税理士を『税理士ドットコム』等で探すことと、彼等の役割を勘違いしない事です。

また、総合的な相続税対策を希望している場合は、他の専門家との連携が強そうな税理士を選ぶのがポイントです。

-マネー, 相続

Copyright© Blobuzz Club , 2020 All Rights Reserved.