マネー 相続

相続税の計算方法を分かり易く教えます

2015年の税法改正により、基礎控除額が引き下げられ、相続税を支払う可能性のある人の割合が増加しました。

家族が亡くなってからこの事に気付く人は、「もっと早くに対策をしておけば良かった」という事になります。

2019年にも、相続税・贈与税に関連した改正が行われた他、2020年には相続法にも大きな改正がありました。

このような相続に関する法律の変化を把握するのは、とても大変ですよね。

そこで、簡単に相続税がいくらなのかを判断するための計算法をお教えします。

また、相続税が発生する場合に、それを極限まで節税する方法についてもご紹介していきたいと思います。

 

相続税の計算

分かり易く説明する為、「何故なのか」ということは無視して、手順に沿って行くだけで相続税の目安がわかるようにしておきます。

まずは、ざっくりとした相続税を知りたいという人は、以下の手順に沿って計算してみてください。

 

生命保険の基礎控除等、個別の要件で差し引けるものは除き、極力簡単な計算にしています。

詳細な相続税額を知りたい方は、個別で承りますので無料診断の問合せをしてください。

 

1.基礎控除額の計算

基礎控除とは、「相続財産から引いてもいい金額」のことです。

つまり、基礎控除以下の財産しかない場合には、相続税がかからないのです。

 

まずは、あなたの家族(法定相続人)が何名なのかを考えてください。

例えば、配偶者と子供2人の場合なら、法定相続人は3人という事です。

 

この人数(法定相続人の数)によって、基礎控除額が変わりますので、注意しましょう。

基礎控除の計算方法は、以下の通りです。(2020年9月現在)

 

まずは、以下の計算を行い、基礎控除額を算出しましょう。

3000万円+(600万円×相続人の数)=基礎控除額

 

スポンサーリンク

 

2.相続財産の計算

次に、あなたの受け取る(又は受け取らせる)相続財産の総額を計算してみましょう。

相続財産とは、主に不動産・現金・株式・保険等です。

 

貴金属や美術品の他、車等も財産には該当しますが、ざっくりとした相続税の計算では、ひとまず省いておきましょう。

 

相続財産の計算をする際には、『どのように財産を評価するか』という問題があります。

現金の場合、そのままの金額を足せば良いわけですが、不動産や株式などの場合、「時価」がありますよね?

 

このように、いつも同じ価値ではない(価値の変動する)資産については、評価方法が難しいケースもあります。

 

不動産の場合、「固定資産評価額(役所評価)」や「相続税路線価」等の評価方法があります。

正確な評価を出すための計算は難しいので、ざっくりと掴んでおけば良いと思います。

 

不動産の場合、固定資産税の通知が来ているはずですので、そこに掲載されている評価額で計算しましょう。

市場での売買価格が分かる場合は、その金額の70%位で計算しておけば良いと思います。

 

株式の場合は、現在の株価で売却価値を計算してみましょう。

全ての財産の評価額を足した総額を算出してみてください。

 

相続不動産の評価方法と、売却価格の調べ方

相続税の計算をする際、不動産の評価が難しいケースは珍しくありません。 不動産の資産は、現金のように価格が一定ではない為、物件の状況に合わせた時価評価が必要になります。 また、不動産を売却した際の価格に ...

続きを見る

 

3.計算サイトを使う

自分で計算しても良いのですが、税率のかけ方や、相続人による相続割合等を理解する必要があります。

国税庁のHPの他、税率表や法定割合等を紹介しているサイトがたくさんありますが、最も簡単なのは計算サイトを使う事です。

 

この計算サイトで、自分で計算しておいた金額等を入力し、計算させるだけで相続税の目安が分かります。

※正確な税額を算出したい人は、税理士による資産評価が必要です。

 

相続税の節税対策とは?

相続税がかからない人は良いのですが、そうでない場合には税金の支払いを1円でも少なくしたいですよね。

この為の方法には、色々な対策が存在しています。

 

しかし、ほとんどの人は、その対策方法を知らないのではないでしょうか。

メインとなる相続税対策となる手段には、以下のようなものがあります。

  1. 非課税となる制度を利用する
  2. 贈与による対策をする
  3. 保険商品を使う
  4. 評価の低い資産を購入(負債)する
  5. 法人を設立する
  6. 養子縁組をする

 

組み合わせ方が重要!

相続税対策は、組み合わせ方によって大きく効果が変わります。

また、次の相続(2次相続)を見据えた計画を立てることも非常に重要です。

 

有能なアドバイザーの場合、3次相続まで視野を広げた対策をしてくれます。

例えば、「誰に贈与するか」や、「保険金の受取人を誰にするか」等によって、かなり対策効果が変わってしまうのです。

 

実は、税理士の中でも、間違った相続税対策を勧めているケースは多いです。

これは、1次相続だけを見れば正しかったとしても、2次相続までで考えると損になるケースもあるからです。

 

相談する相手を間違えると、大損をすることになりますので、「税理士だから安心」などと思わないことです。

お問合せいただければ、無料で最善策をお教えできますので、お気軽にどうぞ。(予約制

※ 守秘義務契約を交わし、提携税理士と一緒に無料で提案しています

※ 予約状況によっては、数か月後の対応となる場合があります

 

まとめ

相続税は、良い対策をすることで、税金の支払いをゼロにすることができるケースもたくさんあります。

過去には、約6千万円の相続税がほぼゼロになったという事例もありました。

この分野のエキスパートに相談することがいかに大切かが分かる事例ですよね。

税理士は、税法には詳しいのですが、保険商品や対策の組み合わせ方等については知らない人も多いです。

相続対策を専門にしているアドバイザーを見つける事が大切だと思います。

但し、法外な料金をとるケースもありますので、相談先選びには十分に気を付けましょう。

 

相続税対策を無料で依頼!

無料診断はコチラ

お名前とご住所(市区・町名まで)の記載だけで結構です。

-マネー, 相続

Copyright© Blobuzz Club , 2020 All Rights Reserved.