マネー 口コミ

家の片付けや、除菌業者でオススメの会社

家の片付けといっても、その内容は様々ですよね。

例えば、「捨てたいのではなく、物が増え過ぎて上手く収納できない」というケースもあれば、「不用品や遺品を処分したい」という片付けもあります。

このように、どのような片付けをしたいかによって、依頼先は変わってきます。

不用品の場合、その種類によって買い取り先を変えた方が良いケースもありますので、この記事では『どんな時に、どこに依頼すれば良いのか』についてまとめてみました。

 

家の整理整頓がしたい(できない)

家事が苦手な人や、忙しくて片付けている暇が無いといった人達の場合、不用品回収業者に依頼するのはミスマッチになりますよね。

 

まずは、いらない物の選別から始め、それらを無駄なく収納する必要があります。

このような作業を経た後、本当に要らない物を不用品回収業者へ引き取ってもらうのがベストです。

 

片付け 手伝い」等で検索しても、不用品回収業者のHPに辿り着いてしまいませんか?

特定の業種が狙う検索ワードでは、目的のページに辿り着けない事もしばしばです。

 

実は、家の片付けを手伝って欲しいというニーズの場合、「家事代行」というキーワードの方がオススメです。

調べるのが面倒な人のために、私のオススメ(パソナの家事代行サービス)を検討してみてください。

 

外国人による犯罪等も増えていますし、家の中での作業には色々とリスクがあります。

得体の知れない業者に依頼するのは怖い時代ですよね。

 

個人情報の厳守は勿論のこと、物を壊された時の損害補償等もしっかりとした会社に依頼するのが理想です。

除菌業者と不用品処分

要らない物を整理して、不用品を回収して欲しいと言う場合や、遺品整理等をまるごとお願いしたい場合には、回収業者に頼むのも一考です。

孤独死等の場合、部屋の清掃や除菌も必要になります。

 

近年は、コロナウイルスの影響で『除菌サービス』に対するニーズも急増しています。

除菌の依頼にも、パソナライフケアの除菌サービスがオススメです。

除菌業者に依頼が殺到しているようですので、早めの予約をしていきましょう。

 

不用品回収業者のオススメ

巣ごもり需要で家の片付けをする人が増え、不用品回収業者への依頼が急増しています。

見積を依頼しても、数か月待ちになっている会社もあるようです。

 

安くて丁寧なお勧め会社に問い合わせをしたいところですが、そうも言っていられない可能性もあります。

近年では、水害等によって処分ゴミが出ることも多いですよね。

 

4月前後では、引越し需要での依頼増加もあります。

コロナウイルスの影響で、不動産を売却して現金化する人も増えているようですので、売却に伴う不用品処分も増加するかもしれません。

 

このように、不用品回収へのニーズは減少する材料が見当たらない状況ですので、料金を気にしている場合では無くなっていくのかもしれませんね。

 

以下の記事で、目的ごとにオススメの依頼先をご紹介していますので、参考にしてみてください。

不用品を買取業者に売りたい人に耳よりな話

遺品整理や引越し等の際には、不用品がたくさん出ますよね。 突然のことで、売却してお金に変えるにしても、どこに何を売れば良いのか適切に判断できる人は少ないと思います。 不用品買取り業者の中には、反社会勢 ...

続きを見る

 

フリマアプリのの活用

家の片づけをする時には、「要るもの」と「要らない物」に分けるのが一般的ですよね。

でも、もう一つ増やして欲しい分類項目があります。

 

それは、「売っても良いと思うもの」という分類です。

若しくは、「売れるかもしれないもの」です。

 

メルカリやラクマのようなフリマアプリを活用すれば、必ず売れるものがあるはずです。

キャンペーン等を利用すれば、アプリをダウンロードして出品をするだけでもポイントがもらえたりします。

 

やってみれば意外と簡単ですので、是非ともチャレンジしてみてください。

フリマアプリの難点としては、梱包と発送がネックになる事だと思います。

 

実際、梱包の美しさで、購入者に対しての印象がかなり変わります。

また、写真の撮り方や値付けによっても売れ行きがかなり変わるので、ちょっとしたコツを掴むまでには少し時間がかかるかもしれません。

 

このような作業が苦手な人は、梱包と発送を代行してくれるサービスもあります。

利益を出すという感覚ではなく、不用品回収費用をかけないための売却だと考えれば、少額の利益でもやる意味があると思います。

 

まとめ

個人的には、家の片付け(整理整頓)を依頼するなら、パソナの家事代行サービスがオススメです。

不用品については、別記事でご紹介した回収(買取)業者や、フリマアプリを活用して処分コストを抑えるようにしましょう。

片付けの際の分別は、「いるもの」・「いらないもの」・「売れそうなもの」の3つに分けてみてくださいね!

-マネー, 口コミ

Copyright© Blobuzz Club , 2020 All Rights Reserved.