旬の話題

半導体の供給不足で納品に大幅な遅れ

大手半導体メーカーの工場火災の影響で、世界的な半導体不足が起こっています。

この影響で、様々な商品の生産・納品に遅れが出ており、欲しい時に購入することができない状況となってきました。

目立つところとしては、車・家電製品・携帯電話等に大きな影響が出てきています。

自動車については、新車の納期が4カ月程度かかるケースが目立つようになり、7カ月待ちというケースも出ています。

 

スポンサーリンク

中古車市場の動向

アメリカでは、中古車の値上がり傾向が強まり、半導体関連の物価がやや上昇しています。

日本においても、中古車市場に活況が見られてくるはずです。

その他、カー用品店や修理事業等にも好影響として波及しそうですね。

 

車自体が届いても、カーナビやオーディオ等の製品が納期に間に合わないケースも増えているようです。

装備品のために1カ月程度納車が遅れることもあるそうですので、購入予定者は、早めに契約する意識が必要な状況です。

 

急な故障等で車を購入したくなった人達の中には、現在の納期の長さに嫌気する人もいるでしょう。

このような人達は、次の車までのつなぎとして新古車等を物色するはずです。

 

日本でも、中古車の値上がりや、値引き幅の縮小が起こるかもしれないですね。

新車販売台数は低下し、中古車市場が一時的な好調となることで、株価的にはトピックス関連銘柄の下落に繋がりそうです。

但し、円安傾向が維持されれば逆行高も有り得ますので、要注意ですね。

 

家電製品の動向

多くの家電製品にも半導体が使われていますので、エアコン等の製品供給に懸念が出てきています。

夏の需要増に対応しきれなくなるメーカー等も出てくるかもしれません。

 

修理や代替製品(扇風機や冷風機)の在庫解消にも寄与しそうですが、結局のところ半導体が使われている場合には同じ結末となりそうですね。

 

まとめ

半導体の製造は、既にフル稼働状態です。

ルネサス工場火災のしわ寄せで、3カ月~9か月の受注過多となっているそうです。

今後も納品が遅れる状況は続きそうですので、これに伴う様々な変化に目を向けておきましょう。

意外に、身近なところで影響を感じる事になってくると思いますよ。

-旬の話題

© 2021 Blobuzz Club