マネー 相続

税務調査はどこまで調べるのか、元国税調査官に聞けるサービス

税務調査を心配する人は意外に多いです。

経営者・経理関係者、・個人事業主・賃貸オーナー・法定相続人・税理士等、それぞれの立場から「税務調査が来た時の対策をしておかなければ・・」と考えていますよね。

このような様々な税務調査での悩みや税務調査への具体的な対策方法など、税務調査全般に関する相談ができるサービスがありますのでご紹介しておきたいと思います。

 

 

税徴収のルールは変化している

税金のことに詳しい専門家といえば税理士ですが、その税理士でさえも税務調査での方針の変化等は、詳細まで掴みきれない部分があります。

 

この理由は、調査官の考え方(判断)によってYESにもNOにもなる部分があるからです。

つまり、担当調査官が否認しようと思えば、計上を許せるレベルの内容でも経費として認めないと判定されることもあるという事です。

 

税務調査官は、より多く税金を取ることを業務上の使命とし、出来高によって評価がきまる人事考課となっています。

 

このような体制である為、NOとは言い切れない部分を独断でNOと判断することも少なくありません。

事実、平成31年2月7日の税務関連訴訟での裁決や、平成22年12月1日での裁決では、税務署側の誤りが認定され、納税者に有利な判決が下されました。

 

判例は日々新しくなっていますので、時代に合わせて判断も変化していく部分があります。

このような最新の税法について細かく理解している人は、税務署内でもそれほどいません。

税理士を含め、税務に関わる専門家達の中でも希少な存在です。

 

コロナウイルスの影響で、今後も税徴収への考え方は変化していくでしょう。

「何が正しいのか」や「どう対策するべきか」は、常に変化し続けるという事です。

 

元国税庁調査官の相談サービスとは

元国税庁調査官の松嶋税理士は、税法研究者としての知識を活かし、税務調査でお悩みに対応してくれます。

過去には、税務署からの請求税額720万を0円にした実績等もあり、とても頼りになる存在です。

 

本来、税務調査は、税金を取るために行われるのではなく、課税の公平を担保するために行われるべきです。

しかし、実際には、税金を取ることばかりに目を向けている税務調査官が多いという実態があります。

 

その結果、法律が踏みにじられたり、納税者に精神的・金銭的な苦痛を背負わせたりする税務調査が横行しています。

このような状況を解決するのは税理士の使命のはずなのですが、この使命を果たせる税理士は限られているのが実情です。

 

税理士も信用できない時代

会計ソフト等が充実した昨今では、経営的に厳しくなっている税理士もいます。

このせいだけとは言い切れませんが、クライアントに理解し難い知識を利用して、法外な報酬を受領している税理士も存在します。

 

クライアントの目の届かないところで安易な妥協をする税理士も多いです。

税務調査の立ち会いは割にあわない」として、仮病を使って立ち会いを拒否し、税理士資格のないスタッフに対応を一任する者までいる始末です。

 

警察や教師から犯罪者が出るのと同じように、税理士も個人のモラルにかかっています。

継続して研究を続ける努力をする税理士でなければ、ベストなアドバイスもできないでしょう。

 

税務調査に不安を持つ人は、高額な報酬を支払ってでも問題を解決してほしいと考えるクライアントが多く、結果として不的確な税理士で不利益を被るクライアントが後をたちません。

 

このような状況を解決するのは、税務調査官としての経験を有する税理士が相応しいと言えるのではないでしょうか。

 

税理士も知らない節税手法とは?

今回は、税理士でも見つけることが困難な相続対策についてのお話です。 条件さえ合えば誰でも実行できる合法対策なのですが、複数の分野にわたる知識が無ければ発案できない対策が存在します。 発見した人だけが知 ...

続きを見る

 

まとめ


元国税調査官で税理士の松嶋 洋さんのサイトでは、経営者や個人事業主など税務調査での相談を受け付けています

過去に遡って税徴収を実行され、自宅を売却しなければならなくなるケース等もあります。

そんな事になる前に、しっかりと専門家の診断を受けておくと良いと思います。

相続税の悩みについても、税金を取る側の視点で解決策を伝授してもらえる効果は大きいでしょう。

-マネー, 相続

© 2021 Blobuzz Club