ポケットチェンジの無料クーポン

 

 

新常識

VR会議が日本の雇用を減らす話

コロナ渦でのリモート業務にもすっかり慣れてきた昨今ですが、この数年の経験と需要からVR化が加速することになります。

特に、ビジネスマンの間では、VR会議を取り入れたWEBミーティングの在り方が多様化するでしょう。

便利になることは良い事なのですが、実は、皆さんの経済と雇用に深刻な影響を与える変化になる可能性があります。

VR業務が増えると、確実に雇用は縮小してしまうからです。

この記事では、VRサービスの増加と雇用減少について少し先回りをしてみたいと思います。

 

VRサービスの矛先

2021年後半に入り、大手旅行会社等が資金調達のためにビル資産を手放していることが分かってきました。

コロナの影響によって、現時点でも瀕死寸前の状態に追い込まれている業種があり、このような企業はリストラや資産売却に入っています。

 

旅行業界は、再びコロナのような感染拡大が起こった際に備え、VR旅行を提案するための設備投資をすることになりそうです。

リアルな旅行ができなくなった時、別の媒体から利益を得るための投資先として、VR世界はかなり有望なものになると思います。

 

また、企業でのWEB会議がVR化されていくと、今よりももっとワークスペース(事務所)がいらなくなります。

それどころか、オフィス機器についても需要が減るはずです。

 

VR会議内では、様々な便利機能が追加されていきますから、コピー機等の必要性も低下します。

今までより簡単にデータ間でのやり取りができるので、むしろVR内で使用できるデータ加工ソフト等の方に需要が向くのではないでしょうか。

 

こうなると、『VR世界で仕事をした方が便利だ』という業態も出てくるはずです。

今現在でも、リモート業務の方が効率が良いと感じている人はいますから、このような変化が益々オフィス空室率を押し上げそうです。

 

 

VR化で何が起こる?

オフィス需要が減るだけなら、致命的な経済打撃とはなりません。

私がこの記事で警鐘を鳴らしたいのは、『海外アウトソーシング増加による雇用減少』です。

 

VR世界では、同時通訳を実現するAI翻訳機能等も登場してきます。(既に同様のソフトは存在します)

これは、賃金が安くて能力のある途上国の外国人にいつでもアクセスできるようになり、言葉の壁も無くなるという事です。

 

企業は、賃金が安くて能力の高い人材に対して、24時間いつでもアクセスができるわけです。

世界中にいる人材とマッチングさせるサービス等も登場するでしょう。

 

結果、「日本人の給与は高すぎる」という事になり、多くの企業にとって日本人を雇う意味が低下します。

一方、海外アウトソーシングでの雇用なら、賃金は契約固定できます。

そして、海外アウトソーシングでプログラミングや管理業務等を消化することで企業業績は上がります。

 

しかし、企業はこの利益を給与に反映するのではなく、ITやVRへ投資する動きが継続します。

コロナのような有事に備え、内部留保金を貯める傾向も強まるはずですから、日本人の給与は上がる要素がありませんよね。

 

また、海外雇用が増加すると、ドル等の海外通貨での給与支払いが増えます。

企業が外貨を買う動きが活発になりますから、自動車産業と同じように、為替の影響を受けやすい企業も増えます。

この為、将来的に、株式市場は為替に振られる展開が増えていくでしょう。

 

失業者の増加と格差

キャッシュレス、ペーパーレス、オフィスレス、雇用レス等、あらゆるレス化は、少なからず日本社会に影響を及ぼします。

おそらく、今よりも遥に失業者が増え、格差が大きくなります。

 

そして、一般人(中間層)については、最終的には収入の世界的平均化が起こるのです。

誰にでも仕事を出せる環境が世界的に整えば、賃金格差が無くなって世界基準の単価になっていくからです。

 

途上国と先進国の格差が無くなる一方で、大金持ちのレベルは格段に飛躍するでしょう。

業種によっては、いつか途上国と変わらない雇用環境になるかもしれないわけです。

 

まとめ

VR会議(技術)が日本の雇用を減らす原因は、海外へのアウトソーシングが進むからです。

メタバース企業の台頭や、新しいVRサービス等が出現する度、手放しで喜んでいられない人達が出てくるでしょう。

たった2~3年前を思い出すだけでも、大きく世の中が変わってしまう時代にいることを痛感します。

VRや5Gの事業は、恐ろしいスピードで世の中を変えていきます。

それは、まるでコロナウイルスの感染拡大のように広がるわけです。

ですから、今後はVRやITの技術で簡素化できる仕事には就かない方が賢明です。

集客の仕組みを持つ人や、固有の(アナログでしかできない)仕事を持たないと生き残れない時代になっていく可能性が高いという事ですね。

 

メタバースで世界はどう変わる?

メタバースという言葉は、まだまだ聞きなれていない人が多いかもしれません。 しかし、近い将来、誰もが知っている言葉になるでしょう。 現在、多くの企業がメタバース事業への参入を決め、膨大な予算を確保してい ...

続きを見る

-新常識

© 2021 Blobuzz Club