パソコン

キャッシュとクッキーの意味を小学生でも分かるように説明します

パソコンが苦手な人には、キャッシュとかクッキーという言葉に馴染めない人も多いですよね。

キャッシュと聞くと、元々現金のイメージがあるので余計に混乱してしまうのかもしれません。

クッキーは食べ物のほうを連想してしまいますから、やはり想像に戸惑ってしまうのでしょう。

 

パソコンを使っていると、キャッシュやクッキーを「有効にしてください」とか「削除してください」等とメッセージが表示された経験があると思います。

そんなことを言われても、そもそも言葉の意味がわからないと先に進めないですよね。

 

そんな時、とりあえずキャンセルして無かったことにする・・・といった行動をとっていませんか?

この記事を読んでおけば、今後はきちんと判断して実行することができると思いますよ^^

キャッシュとクッキーの違いも明確になると思いますので、この機会に覚えておきましょー。

 

スポンサーリンク

 

サーバーの役割を小学生でも分かるように説明しておきます

インターネットを使う時には、どのパソコンもデータを取り込んで画面に表示しています

ここまでは、誰でも分かりますよね?

 

データとは、見たいページの情報のことです。

具体的には、写真・文章・レイアウト等をデジタル化したものです。

 

このデータは、見たいサイトやホームページ等の持ち主の倉庫から取り込んでいます。

インターネット上の情報の殆どは、このようなネット倉庫の中に保管されているわけです。

 

このデータ倉庫のことを、サーバーって言います。

皆さんがインターネットで何かのページを表示する時には、見ようとしているサイトの情報が保管されている倉庫にアクセスしているという事です。

 

皆さんも、「サーバーに接続できません」といった表示が出て、インターネットが見れない・・という経験をしたことがあると思います。

これは、「倉庫に行ったけど、情報がもらえませんでした」ってことなんです。

 

このような不具合は、倉庫側に問題があるとか、倉庫内にあるデータが壊れている場合等、様々な理由で発生します。

 

キャッシュとは?

パソコンはとてもお利口なので、よく見るページを記憶してくれています。

そして、こう考えます。

 

毎回、倉庫にとりに行くと時間がかかるから、データを丸暗記しておこう!

 

あなたのパソコンは、このようにしてページ情報を一時的に記憶してくれているってことなんですね。

そうすると、次に同じサイトを見た時に、早く表示することができるのです。

 

表示が早くなるのは良いのですが、これには欠点もあります。

それは、最新の状態で見れないことです。

 

もしも、サイト内に新しい情報が書き込まれても、倉庫に行かないので古い情報のまま表示されてしまいます。

なので、定期的に「パソコン側のキャッシュを削除する必要がでる」という事なんです。

 

キャッシュを削除すると、また倉庫にとりに行かなくてはいかなくなるので、速度は少し遅くなります。

でも、確実に最新の情報を持ってこれるようになるというメリットがあります。

 

内容がよく更新されるサイトの場合、キャッシュの削除(又はデータのリロード)によって強制的に倉庫へ行かせるようにしないと、最新の情報を見ることができません。

話を超簡単にまとめると、キャッシュとは、インターネットページの丸暗記情報ということですね。

 

スポンサーリンク

 

クッキーとは?

クッキーも、キャッシュと同じように、パソコンの中で一時的に記憶したデータですが、内容が少し違います。

主に、ブラウザ関連の情報になります。(ブラウザの意味が分からない人は以下の記事を先に読んでください)

 

エクスプローラー、エッジ、クロームの違いとは?

インターネットを閲覧する際に使うブラウザには、いろいろな種類のものがあります。 Windows10を搭載したPCでは、Microsoft Edgeが標準的なブラウザとして起用されています。 Win7か ...

 

クッキーとは、ページの情報等ではなくIDやパスワードのような個人的な情報のことです。

インターネットでの購入履歴やアクセス履歴等についてもクッキーの一種です。

 

ファーストパーティークッキーとか、サードパーティークッキーといった言葉で細かく分類されていますが、要するに、個人情報に関する丸暗記だと思えばいいのです。

 

ディスク使用率100%の改善方法

「最近、パソコンが遅い」と感じる人は、タスクマネージャーを開いてみてください。 もしかして、ディスクの使用率が100%になっていませんか? パソコンの電源を入れてから、パソコンがサクサク動くようになる ...

 

まとめ

キャッシュとクッキーは、パソコンが暗記するデータ種類の違いです。

どちらも、一時的な丸暗記データのことですが、内容的な重要性が違うってことなんです。

 

キャッシュは、WEBページの情報ですから、誰もが公平に手にできるデータの記録です。

クッキーは、あまり人に知られたくない個人的なデータの記録だと思いえばいいでしょう。

 

これで、今後はキャッシュとクッキーに惑わされずに済むのではないでしょうか。

更に、記憶媒体の違い等について知っておくと、パソコン選びの際に役立ちます。

以下の参考記事も読んでみてください。

 

CPUの違いとSSDの意味とは

パソコンのカタログを見ていると、Core、AMD Ryzen、Optan等といった表記を目にします。 CPUの種類と性能の違いについてもイマイチよくわからないという人が多いと思います。 そこで、超初心 ...

-パソコン

© 2022 Blobuzz Club