エラー対処法 ブログ運営

画像ファイルが取り込めないファイル形式エラーの原因と対処法

セキュリティ上の理由によりこのファイル形式は許可されていません。」というエラーが表示され、ブログ等に画像をアップロードできなくなっていませんか?

突然、このような画像取り込み時のエラーが出現して困っている人に向け、その原因と対象法等をご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

画像が取り込めない原因

画像ファイルの形式と一緒に、「セキュリティ上の理由によりこのファイル形式は許可されていません。」というメッセージが表示され、取り込みができなくなります。

つい先日まで問題なく取り込みができていたにも関わらず、何故か突然にこのような状態になったという人も多いと思います。

 

この原因は、次世代フォーマットで作成された画像を取り込もうとしたことが原因になっている可能性が高いです。

次世代フォーマットとは、その名の通り画像のフォーマットがこれまでよりも圧縮性能の高い方法で処理されているものだと思えば良いと思います。

 

これについては、少しだけ詳しく説明しておいた方が良いと思いますので、ちょっとだけお付き合いください。

 

「ads.txt」ファイルをWPXクラウドサーバーに配置する手順

グーグルアドセンスの管理画面に、ads.txtについての警告文が出て、「この問題を今すぐ修正してください」と表示された時の対処手順について、画像で説明していきます。 ※WPXサーバーを使用している人向 ...

続きを見る

 

次世代フォーマットについて

現在、次世代フォーマットは、様々な企業が独自開発したフォーマットを使用している状況です。(主要なものは3つ)

いづれは、優れたフォーマットがスタンダード化し、統一される可能性もありますが、現在のところはバラバラのフォーマットで作成された画像が日々アップされ続けている状況なのです。

 

この為、最近反映されたばかりの画像をコピーしてパソコンに保存する際、色々な次世代フォーマットで保存されるケースが増えているわけです。

主な3種類は、「Webp」・「JPEG2000」・「JPEG XR」の3つです。

 

たとえば、ブログ用画像をPixabayから探している人は、最近になってエラーを経験したのではないでしょうか。

Pixabayの場合、新しい画像に「Webp」形式のファイルが多く、一部のブラウザではじかれてしまうようになりました。

 

スポンサーリンク

 

Webp形式に注意

次世代フォーマットの中で、最も圧縮率が高いのがWebpだと言われています。

元々、グーグルが開発している為、最もスタンダード化されていく可能性が高い形式ではないかと思います。

 

当然ながら、グーグルクロームがこれに対応しています。

エッジ(Edge)等の主要ブラウザでも対応していますので、比較的に便利なフォーマットだと思います。

 

タグ「amp-img」の属性「srcset」に URL がありませんのエラー

グーグルのサーチコンソールには、突然に見慣れないメッセージが届くことがあります。 エラーが発生した時には、すぐに対処した方が良いのですが、ブログ初心者の場合、どうしていいかわからずに悩むことも多いです ...

続きを見る

 

Word Pressの対応

Word Pressで次世代フォーマットに対応していないバージョンを使用していると、エラーが出てしまいます。

つまり、次世代フォーマット以前の画像しか取り込めないということです。

 

この為、しばらくの間は、旧フォーマットで保存された画像を探すことが対処法となります。

Word Pressブログを運営している人は、しばらくこのような対応をとりつつ、新バージョンがリリースされるのを待つしかありません。

 

まとめ

今回のエラーは、次世代フォーマットの登場を原因としています。

ブラウザとの互換性を第一に疑い、次にアプリケーション側の対応を確認することが解決策となります。

Word Pressについては、新バージョンがリリースされるまで、古い形式の画像を使用することが対処法となります。

プラグインやブラウザを使った対処法については、以下の記事をご覧ください。

 

WordPressでwebp画像を取り込めるようにする方法

ブログ運営では、ネット上から無料画像をダウンロードし、記事のアイキャッチ画像等に使用しますよね。 最近、グーグルの開発したファイル形式である、webpというファイル形式の画像が増えています。 しかし、 ...

続きを見る

-エラー対処法, ブログ運営

Copyright© Blobuzz Club , 2020 All Rights Reserved.