マネー 口コミ

法人口座の作成は楽天銀行がオススメです

個人事業主としての開業や、法人設立をする場合には、会社専用の口座が必要になりますよね。

法人で使う口座については、なんとなく好感度の高い銀行等で作成するのではなく、根拠を持って作成することをお勧めします。

その理由は、どの銀行をメイン口座にするかによって、年間コストに大きな影響が出るからです。

近年では、法人名義(個人事業主の屋号等)での新規口座作成のハードルが高くなっていて、信用金庫や地方銀行等で登記していない屋号での口座開設ができないケースも珍しくありません。

ネットバンクでも法人屋号について柔軟な対応をする銀行は少ないですが、楽天銀行については比較的に手続きも簡単に開設できます。

それ以外にも、楽天銀行には様々なメリットがありますので、まとめてご紹介しておきたいと思います。

 

楽天銀行の法人口座

最初に、楽天銀行の4つのメリットを挙げておきます。

  1. 振込手数料が格段に安い
  2. 口座開設の手続きが簡単
  3. 維持手数料がかからない
  4. 入出金等でポイントが付く

 

主なメリットは、この4つです。

 

楽天銀行の特徴

私が実際に使用して良いと思った部分について、簡単にまとめておきます。

まず、振込手数料についてですが、楽天銀行には、ハッピープログラムというキャンペーンのようなものがあります。

 

要するに、楽天口座での入出金が増えると色々な特典が付く仕組みです。

ATMでの手数料が数回無料になるとか、他行あての振込手数料が回数限定で無料になるといったメリットがあります。

 

また、メガバンク等で法人口座を持つ場合、口座維持手数料として毎月一定の手数料がかかります。

毎月、数千円とられる銀行もありますので、長い目でみれば小さなコストとは言えませんよね。

 

その他、楽天サービスと併用することでポイント獲得のメリットが追加されますので、他の銀行に比べてメリットが大きいのは明らかです。

 

スポンサーリンク

法人口座開設との相乗効果

楽天銀行で口座開設をする場合、事前に準備しておかなければならない事があります。

最低限必要なのは、楽天会員になることです。

 

楽天市場等を使った事がある人は、既に楽天会員IDを持っていると思います。

無料で会員登録ができますので、まずはこれを完了しましょう。

 

次に、法人名義で楽天カードを作成してください。

買い物や各種の引き落とし等を楽天カード決済にすることで、ポイントの付与率が倍増するからです。

 

その他、併用すると大きなメリットになるサービスを紹介しておきますので、順番に手続きをしていきましょう!

 

1.楽天カードをつくる

楽天カードのつくり方

 

楽天カードは、キャンペーンを利用すれば、カードを作成するだけで5000ポイントが貰えます。

つまり、個人業主の場合、カード作成だけで5千円の利益が発生するわけです。

 

法人の場合、楽天ビジネスカードというものがありますので、こちらを検討すると良いと思います。

ダイヤモンド会員になると、更に様々な割引特典が付与され、メリットが膨らんでいきます。

 

2.楽天でんきの加入

法人の運営では、冷暖房等の光熱費がかかり、これが馬鹿にできないランニングコストになります。

東京電力等の電力会社に支払いをしている人は、今すぐ楽天でんきに切り替えましょう。

 

楽天でんきは、ネット上で簡単に切り替えが可能です。

書類での手続き等も一切不要で、次回の電気代が楽天カードで落ちるようになります。

 

しかも!

カードを作成した時と同様に、開設についてキャンペーンがあれば、楽天でんきへの申し込みで数千ポイントがGETできます。

 

電力会社の場合、基本料金が存在しますが、楽天電気は基本料金が無料です。

基本料金が無いだけでもお得ですが、更に毎月のカード引き落としでポイント付与率が上がります。

 

加入ボーナスポイントをもらい、毎月の電気代でポイントも付くのですから、やらない理由がないですよね。

供給経路は、今までの電力会社と変わりませんので、停電や災害時の対応も何か不利になるという事もありません。

 

つまり、楽天でんきにしない人は、単純に損をするだけの状況なのです。

楽天でんき公式ページ

 

3.会社携帯を楽天モバイルへ変更

法人で使う携帯電話についても、楽天モバイルに切り替えてください。

こちらも、初期費用や加入時についてのキャンペーンが存在します。

 

月々の料金も安いですし、1年目は基本料金が無料になるといったキャンペーンも常時開催しています。

携帯料金を楽天ポイントで支払うことができますので、電気代やカード払い等で貯まったポイントだけで完結することもあるのです。

 

利用状況によっては、これだけで会社の携帯料金を無料化することができるかもしれません。

また、ダイヤモンド会員は、月々の料金が500円安くなります。

 

4.楽天市場で経費を使う

楽天サービスの利用状況が増えると、楽天市場でのポイント付与率が高くなります。

この記事でご紹介したサービスを利用をするだけで、4~7倍程度の付与率まで上げる事が出来ると思います。

 

これに定期開催するキャンペーン等を併用すると、数十倍の付与率になることも珍しくありません。

備品の購入等を楽天市場で行うこともあるでしょう。

 

また、お中元・お歳暮等も楽天市場で経費化することでポイントが付与され、コスト削減に繋がります。

 

5.楽天証券口座を持つ

法人に内部留保金が増えてきたら、株式投資等での運用をするケースもあるでしょう。

イデコ等を利用したコスト削減も有効ですよね。

 

楽天市場での買い物は、証券口座を作成するだけで、楽天ポイントの付与率が上昇します。

口座開設時のポイント付与キャンペーンなどもよく開催していますのでチェックしましょう。

 

知人に証券口座を持っている人がいれば、紹介コードをもらうことによってお互いにポイントが付与される仕組みもあります。

 

このようなメリットも余すところなく享受していくことによって、楽天口座を作成した意味が増大していきます。

 

法人口座の開設手順

法人口座の開設には、通常とは異なる書類の提出が必要になります。

楽天銀行の場合、基本的にはPDF等のデータ添付で提出することが可能です。

 

ホームページを持っている法人であれば、アドレスを記載するだけで事業実態を証明する書類の提出が不要となります

ホームページを持つことで、実態調査をクリアできることを知らない人も多いのではないでしょうか。

この為、先にホームページ作成を終えておくこのも手続き簡素化のコツですね。

 

法人口座の開設は、少し煩わしい点も多いと思います。

入力事項や確認書類等も多いので、面倒に感じます。

 

でも、せいぜい1時間程度の作業ですから、頑張って開設してしまいましょう。

楽天銀行にするメリットを考えれば、割の良い仕事とも思えてくると思います。

 

まとめ

個人事業でも法人事業でも、長い視点でランニングコストを考えるべきですよね。

楽天銀行は、あらゆる視点から見て、事業利用に適した銀行だと思います。

ポイントやキャンペーンメリットを活かすことで、必ずコスト削減効果が得られます。

また、社員や顧客等に紹介することでポイントが得られる仕組み等もありますので、フル活用されると良いのではないでしょうか。

-マネー, 口コミ

Copyright© Blobuzz Club , 2021 All Rights Reserved.