ポケットチェンジの無料クーポン

 

 

マネー 起業

WEB集客ができない会社の末路

今回は、「今ならまだ間に合うかもしれない」ビジネス集客のお話です。

様々な業種でコロナによる変化が起こっていますが、まだ今後の影響が分からないとか、これから顕著になっていく事柄もたくさんあります。

そんな中、確実にやっておいた方が良いのが、『WEB集客』への備え(強化)です。

個人的には、これまでの必要性とは少し違った意味で、本当に危機的な場面を迎える会社も出てくると思っています。

この為、私自身も少し大きなプロジェクトを立ち上げ、来年の春に向けて動き始めたところです。

真意が伝わるかは分かりませんが、皆さんの事業経営が成り立たなくなる可能性について、正しく認識する時だと思います。

それぞれの業種において、一度読んでおく価値のある内容をお届けしたいと思います。

 

この話の要約

詳しい部分について、全て読んでいただくのが一番良いとは思いますが、話の要点だけ知りたいという方もいると思います。

そこで、最初に概要をまとめておきます。

 

既存の集客方法が通用しなくなった時、皆さんはどうやって解決するか、現時点で答えを持っていますか?

この記事は、そんな部分に焦点を絞ったお話です。

 

WEBからの集客を行っている企業も、それ以外の集客をしている会社も、今後は『AIサービス機能付きのサイト』に顧客を持っていかれる可能性があるという話です。

要するに、以下のような変化に備え、WEBシステムの開発を急ぐ時期にあるという事です。

 

1.AIサービスの充実・進化でWEB上で手軽に完結するサービスが増える

2.世代交代に伴って、安くて信頼できるWEBサービスを活用する人が増加していく

3.AIへの信頼度が上がると、新規顧客は「選ばれるWEBサイト」での獲得競争となる

4.早めに開発を進める企業も増えるが、WEB業界は成功ノウハウがないと難しい面がある

※ リスティング広告や、お金をかけるだけでは勝てない理由がある

5.成功体験を持つ開発・運営者や、プログラマーに依頼できない状況になる(早い者勝ち)

※ 欲しいと思った時、他社に差をつけられるWEBサイトが手に入らない状況になる

7.だから、今からその方法を知っておくべき

 

AIと5Gでの変化

WEB集客には、現在でも力を入れている会社は多いのですが、今後は少し意味が変わってくる可能性が高いです。

このような媒体から集客した顧客は、来店や紹介客等に比べると成約率が劣ることも多いのが実情ですよね。

 

しかし、将来的には、このような問題やデメリットが解消されることになります。

WEBからの集客を、WEB上でお金に変えるシステムが次々に確立されていくからです。

ライフネット生命等は、まさにこの先駆け的な存在ではないでしょうか。

 

現在は、「WEB集客に頼らない」という選択肢をとる会社もありますし、それが可能な状況でもあります。

今後も、アナログの仕事が消滅するわけではありませんから、慌てる必要はなさそうにも思えますよね。

でも、今までと同じ方法で得られる顧客の絶対数は確実に減る事になりますから、悠長なことは言っていられないのです。

 

近い将来、自社でWEB集客できない会社は、今よりもっと競争が激しくなり、案件が著しく減少することになるでしょう。

この流れに拍車をかけるのが、AIによる自動システム化と、5Gによるインフラ環境の変化です。

 

海外では、既に不動産取引等がWEB上で完結できるようになっており、WEB集客ができない業者が淘汰される方向に向かい始めています。

一方、この潮流を早くから察知した企業は、将来的に売り上げを倍増させる結果となるでしょう。

つまり、ここでのWEB集客での成功は、ライバル会社に対する「逆転のチャンス」なのです。

本格的な変化を遂げていない日本では、本当に今の動き(準備)で明暗が分かれてしまうわけです。

 

補助金で集客サイトをつくる方法

今回は、『ネット集客』を強化したい方々に向けて、独自WEBサイトを使った面白い集客手法をご紹介します。 また、副業として、何かネットビジネスを始めたいと考えている方にも耳寄りな情報です。 補助金を活用 ...

続きを見る

 

AIへの信頼度は向上する

AIの活用は、あらゆるジャンルにおいて、急速に広がっています。

身近なところでは、証券会社等の投資判断にAIが活用され、実際にAI分析を頼る人が増加していますよね。

保険商品や住宅ローン等も、WEB上で完結できるようになってきました。

 

この動きは、あらゆる業種において加速していきます。

不動産、保険、医療、申告、設計、デザイン、販売業等、比較的利益の高い業種から変化していくことになると思います。

不動産や保険のような業種は利益率が高いので、開発投資もしやすいですし、成功した時のリターンも大きいからです。

 

既に、個人事業主の税申告については、弥生会計等のクラウドソフトで完結しているケースが増えています。

それどころか、最近では法人の申告までこのようなソフトでできるようになってきており、将来的にはAIによる法人申告が主流になる可能性すら感じます。

 

AIサービスは、法律に違反することも無ければ、計算ミスもありません。

人為的なリスクや、単純な見落とし等も発生しない上に、WEB上で瞬間的にサービスが提供されるのですから、選ばない理由が見つかりません。

こうしてAIの信頼度が高まれば、必然的に『人に相談するよりもAIの方が安心』という傾向が常識化していくでしょう。

 

計算を伴う仕事や、各種コンサルティング業務等においても、正確で良質なサービスが低コストで享受できるようになるのです。

AIキャラクター等が丁寧に質問を行い、様々な分野で、全ての情報を踏まえたアドバイスができるようになるのも時間の問題ですね。

 

WEB上で完結する時代

AIサービスが本格化すると、企業が普通のホームページを持つ意味が著しく低下します。

つまり、自社でオリジナルのAIサイトを作成し、この運用に成功した企業が集客を牛耳る縮図が見えてくるわけです。

 

そうなれば、コロナ渦での経営不振のような状況が、違う形で襲ってくるようなものです。

既に、自動車保険等ではこのような状況が起こっており、本当に身近な知人等の場合を除き、新規での契約獲得が困難になっています。

 

一部の富裕層の間では、目先の不動産投資を選ばず、集客のためのWEBシステムに投資する動きも出てきています。

集客サイトは、将来的にものすごい価値を生む可能性を秘めているからです。

 

これを成功させるには、WEB関連で一定の成功を収めている専門家に託す必要があり、ただお金を投じれば手に入るものではありません。

このようなスポンサー達の要望を形にすることができる人は、大きなチャンスが目の前にあるわけです。

 

サイト運営で成功経験のある人しか分からないノウハウには、非常に大きな価値があります。

これから彼等のノウハウは益々貴重なものとなっていき、その活かし方によって大きなビジネスになると思います。

 

世代交代とシステム進化

現在、60歳以上の世代にとっては、まだまだアナログでのツールが便利に感じるでしょう。

この為、集客手段もWEB以外での方法が有利な状況だと思います。

しかし、時代の流れと共に世代交代が進んでいき、問い合わせや相談窓口は、確実にWEB上から完結する人が増えます。

 

要するに、次の世代を新規獲得できるのは、使いやすくて信頼できるWEBサイトを持つ者なのです。

大手に対抗できるようなWEBサイトを持っている会社以外は、下請けでしか仕事をとることができないかもしれません。

 

幸い、WEBサイトのアクセスや人気度は、単純にお金を投じれば良いという訳でもないので、今ならベンチャー企業や個人事業主にもチャンスはあります。

このあたりのポイントが非常に重要なので、少し詳しく特記しておきたいと思います。

 

ドメインパワーと検索順位

WEBサイトが検索上位に上がるには、様々な要件が必要になります。

ドメインの信頼性や、Googleのページ審査についても詳しい知識が必要です。

 

また、効率よく拡散する方法や、長期的に運用していくためのノウハウ等もあります。

これらの知識は、実際にサイト運営やブログ運営での成功を収めている人でないと分からない部分も多いです。

 

ですから、成功体験の無い制作会社や、プロミングだけを得意としている人等に依頼しても、効果的なサイトは実現できません。

大手企業等は、資金力を活かしてリスティング広告等を行いますが、それだけでユーザーの心を掴めるものでもありません。

結局のところ、ユーザーに選ばれなければ意味がないのです。

 

例えば、保険業界とか不動産業界などで一流の営業マンが行う仕事は、一般的な営業マンと大きく違うものだと思います。

サイト構築もこれとまったく同じ原理で、依頼する相手によって大きくその品質や効果が変わると思ってください。

 

マッチングサイトやブログを持つ事の重要性

皆さんの所属する会社で、将来的にWEB集客が必要だと感じている場合、今から準備できることがあります。

それは、会社の業務として、SNSやブログの他、マッチングサイト等を運営していくことです。

 

WEB上の仕組みとして、様々なサイトから支持(リンク)されているとか、流入が起こっているサイトは検索時の評価(順位)が高くなります。

また、一定のアクセス数を実現しているWEB媒体があれば、かなり有利に活用できるでしょう。

 

例えば、皆さんの業務に関連の高いブログでアクセスを集めておけば、将来に作成するサイトに流入させることができますよね。

しかも、そんなサイトを複数所有していたら、開設直後でも簡単に有効なアクセスを増やすことができます。

 

マッチングサイト等も同様です。

しかも、マッチングサイトの場合、そのサイト自体が集客媒体となり得ます。

詳しくは以下の記事で説明していますので、参考にしてみてください。

 

補助金で集客サイトをつくる方法

今回は、『ネット集客』を強化したい方々に向けて、独自WEBサイトを使った面白い集客手法をご紹介します。 また、副業として、何かネットビジネスを始めたいと考えている方にも耳寄りな情報です。 補助金を活用 ...

続きを見る

 

まとめ

今後、WEB集客ができない会社は、コロナ渦で苦しんだ飲食店のような状況に陥る可能性があります。

特に、現在の集客をアナログな方法で実現している会社は、次世代へのシフトについて考えていくタイミングにあるのではないでしょうか。

いつの時代もそうですが、その時になって気付いても後の祭りです。

AI化の波によってどれだけの仕事が失われるか想像もつきませんが、現実として世の中の集客経路は変わり始めているのです。

 

もしも、法人の申告業務をAIサービスで行うようになれば、税理士の仕事は瞬く間に半減するでしょう。

しかし、そんな危機感を現実的に捉え、WEB開発に投資する税理士は稀・・というのが実態という事です。

 

WEBサービスは、アルゴリズムさえ完成してしまえば、日本一のエージェントが24時間稼働し続けるのと変わりません。

AIによって「代わり」が利く可能性がある業種においては、このような現実を直視すべきでしょう。

 

日本の経営者達は、本当に大きな転換点にいる自覚をしなければならないのではないかと思います。

ITに疎くて何から始めれば良いのか分からない・・という方は、複数の企業と組むのがオススメです。

 

自社オリジナルのWEBサイト構築

今すぐ相談してみる

共同制作の相手を探したい!

-マネー, 起業

© 2021 Blobuzz Club