不具合の対処 知得情報

入力時の変換がおかしくなる不具合の対処法(Win10)

1903機能更新をした後から、IME入力の表示がタスクから消えてしまう不具合が発生するケースが確認されています。

この不具合によって、IMEが無効になり、ワードやエクセル等での変換が上手くいかなくなります。

今後のロールアップ更新で改善されていくとは思いますが、現時点での対処法をご紹介しておきます。(Win10での対処法ですが、他のOSでも考え方は同じです)



IMEの表示が消える

IMEの表示とは、以下のようなものです。

 

タスクバーから、このアイコン表示が勝手に消えてしまい、入力時の変換がおかしくなるという地味な不具合です。

なんとか入力はできてしまうのであまり騒がれていませんが、文字入力の作業が多い人にとって「変換の不具合」はかなりのストレスですよね。

 

Win10の場合、数クリックの作業で簡単に改善できますので、やり方をご紹介しておきます。

不具合が発生した時には、その都度、この対処をしてみてください。

 

不具合対処の手順

1.設定画面を開き、「時刻と言語」選択します。

 

2.「言語」を選択する。

 

3.入力方式の選択画面を開く

4.以下のチェックを一度外し、再びチェックを入れる。

 

以上の操作を終えると、タスクバーのIME入力のアイコン表示が復活します。

 

まとめ

1903機能更新プログラムでは、色々と小さな不具合が発生しているようです。

使用しているパソコン機種によって、発生する不具合が異なる事情もありますので、何かおかしな挙動をした時には1903による影響を疑うのが近道かもしれません。

Win7では、1903のインストール自体が出来ないケースも多発しています。

サポート期限終了も近いので、そろそろ買い替えを検討する時期かもしれませんね。

 

NECダイレクトの購入体験と割引クーポンの入手方法

先日、NECダイレクトでノートパソコンを購入しました。 これまでは、家電量販店での購入をしてきたので、ネットでの購入には多少不安な部分もありました。 割引クーポンの入手方法や、購入時期についても特記す ...

-不具合の対処, 知得情報

Copyright© Blobuzz Club , 2019 All Rights Reserved.