マネー

e-taxでスマホをカードリーダーに使う際の設定方法

マイナンバーカードを作成し、e-taxでの確定申告をしようと考える人は、カードリーダーの準備がネックになる事もあると思います。

2019年からは、市販のカードリーダーの代わりに特定機種のスマホをカードリーダーとして使用できるようになりました。

これによって、e-taxを利用しようとする人は増加すると思いますが、「設定」の段階でかなり苦労します。

私の場合、解決策に辿り着くまでに相当の時間を費やすことになってしまいました。

そこで、スマホをカードリーダーに使用するための設定手順について、分かり易くまとめておきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

マイナンバーカードの準備

e-TAXのWEB申請システムを利用するには、マイナンバーカードによる本人確認が必須となります。

この為、事前にマイナンバーカードを電子証明書として利用できるように申請しておかなくてはなりません。

既にお手元に電子証明書付のマイナンバーカードがある場合は、次項からお読みください。

 

手続き自体はそれほど難しくありませんが、マイナンバーカードが発行されるまでに約1カ月前後の時間を要します。

この手続きについては、別記事にしてありますので、これから申請する方は以下の記事を読んでみてください。

 

e-Taxに必要な電子証明書の申請方法

e-Taxは、WEBで確定申告を行なえる便利なツールですが、これを利用するには電子証明書というものが必要になります。 そして、この電子証明書は、マイナンバーカードと一緒に申請することができます。 この ...

続きを見る

 

e-TAXの必要ソフトをダウンロードする

e-TAXのWEBサイトに行くと、必要なソフトがダウンロードできます。

少し分かり難いのですが、ダウンロードを伴う手続きがいくつか存在していて、案内の通りに進めて行けば、ここは乗り切れると思います。

 

所要時間としては、ダウンロードだけでも10~20分程度はかかると思っておくと良いと思います。

税目の追加をする場合、ファイルを個別にダウンロードする作業が発生しますので、人によってはもっと多くの時間を要する事もあると思います。

 

見落としがちな点としては、スマホ用の必要アプリを3つダウンロードする事です。

パソコン用ソフトのダウンロード等は案内通りに進めれば簡単に終わりますが、スマホアプリ等については、ちょっと案内が不親切な面があります。

手順を知らないと、エラー等で先に進めなくなる人が多いと思います。

 

スマホ用アプリとしては、「e-Taxアプリ」と「JPKIMobile」と「マイナポータルAP」が必要になります。

この中で、「マイナポータルAP」は、マイナンバーカードの利用に関するものなので、e-Taxのサイトからアクセスするのではなく、検索等を用いてたどり着く必要があります。

 

まずは、これらのアプリを全てダウンロードしてください。

アプリの設定等については、順を追って説明していきます。

 

パソコンとペアリングする方法

設定を始める前に、パソコンとスマホを同期する「ペアリング」という作業をしておきます。

順番としては、これを最初にやっておくのがオススメです。

この際、お手持ちのスマホがe-Taxのカードリーダーとして対応している機種かどうかを以下のページから確認しておいてください。

国税庁WEBページ

 

ペアリングの方法は非常に簡単です。

パソコンの設定画面から、「デバイス画面」を開いて、Bluetoothの対象を追加するだけです。

携帯電話側のBluetooth機能をONにするのを忘れないようにしましょう。

画面上に携帯電話の型番等が認識されますので、これを選択するだけで完了です。

 

ICカードリーダライタの設定

Windowsの場合、「スタート」のアイコンを開くと、『最近追加されたもの』がリスト表示されています。

この中から、「ICカードリーダライタ設定」というファイルを開きます。

 

新しくダイヤログが開きますので、この中から「Bluetooth対応」を選択し、デバイス名称にペアリングしたスマホを表示させます。

最後に設定のボタンを押して完了です。

 

 

PC環境によっては、JAVAのダウンロードと登録が必要になるようですので、e-TaxのWEBサイトで必要性について調べましょう。

登録が必要な場合は、ICカード設定の場合と同様に、スタートアイコンから「JAVA実行環境への登録」のファイルを選んで設定します。

2019年以降に購入したPC(Win10)の場合、この手続きは不要だと思います。

 

有効性の確認

PCとスマホのペアリングと、ICカードのBluetooth設定が完了した時点で、マイナンバーカードの有効性を確認してみましょう。

 

スマホにダウンロードしてある「JPKIMobile」を開き、『自分の証明書を確認する』を選択します。

利用者証明用電子証明書を選択し、スマホにマイナンバーカードを接触させます。

マイナンバーカードが認証されたら、有効性の確認を行って完了です。

 

マイナポータルでサイトをつなぐ

スマホにダウンロードした「マイナポータルAP」を立ち上げてください。

このアプリでは、マイナンバーカードを利用するサイトを指定することができます。

 

アプリにログインしたら、「もっとつながる」というボタンがありますので、これを選択して利用機関を選んでください。(2020年1月現在)

画面が切り替わると、e-Taxの表示がありますので、右端に表示されている「つなぐ」というボタンを押します。

 

連携することに同意すると、「マイナンバーカードから読取」という表示が出てきます。

これは、e-Tax側にマイナンバー情報を送信して連携登録するという意味です。

 

指示の通りに進んでいくと、フリガナの入力や、納税先税務署の選択等、必要事項の設定(利用者情報の入力)に変わります。

この際、納税用確認番号の設定も行うことになります。

この番号は6桁の数字で好きな番号を設定してください。

 

この入力作業は、全てスマホを使っての作業になります。

これらを入力して送信することで、開始届を提出したのと同じ効果が生じます。

 

暗証番号を設定する

スマホで開始届の手続きが完了したら、スマホアプリ「e-Taxアプリ」を開いて暗証番号の登録・変更を行います。

この暗証番号は、e-Taxを利用する際に使用するものですので、マイナンバーの暗証番号とは別のものです。

 

メール等で連絡を受ける際の登録をすると、届いたメールからログインを求められるのですが、その際にもここで設定した暗証番号が必要になります。

 

パソコンで作業する

ここからは、スマホをICカードリーダーにし、パソコン版のe-Taxにログインする方法に入ります。(マイナポータルは、携帯からもアプリでログインすることができます)

 

まず、スマホアプリ「JPK IMobile」を開いてください。

次に、「PC接続」を選択し、マイナンバーカードを読み込んでください。

接続中の表示が出ますので、そのまま近くに置いておきます。

 

この状態で、パソコン版のe-Taxソフトを起動します。

利用者ファイルの新規作成を進めていく過程で、マイナンバーカードを利用する方法を選択してください。

スマホがカードリーダーになった状態で、ログインができるようになっているはずです。

 

ファイルを作成したら、保存先を指定してください。

ウイルスソフトが稼働している状況では、保存ができないことがあります。

この際には、一度ウイルスソフトを終了して保存してください。

 

これ以降、パソコン版のe-Taxソフトを起動すると、保存したファイルを選択できるようになり、面倒な入力が省略されます。

 

10万円給付金(コロナウイルス対策)の申請

国民全員に10万円が給付される特別定額給付金の申請時期と、その方法については、各自治体によって時差があります。

東京都内でも、5月1日時点では「準備中」とする自治体が多く、申請方法等について検索や問い合わせをする人が増えているようです。

 

基本的には、各地方自治体の機関(市役所・区役所等)から、申請の手引きが郵送されてくるはずです。

マイナンバーカード(電子申請用)を持っていない人は、この書面が届くまで待つしかありません。

 

マイナンバーカードでの電子申請が可能な環境にある人は、各自治体のHPをこまめに確認し、申請が可能となった時点でオンライン申請できます。

1世帯分をまとめて申請できるので、これが一番スムーズな方法となります。

 

それ以外の方は、郵送での申請を行うことになりますので、できるだけ早く返送するようにしましょう。

郵送での申請は、約三カ月で締め切りとなりますので、ご注意ください。

 

まとめ

これまでのe-Taxでは、カードリーダーの購入がネックでした。

コロナウイルスでの給付金申請を機に、スマホをカードリーダーに代用して申請する方法がスタンダード化していくと思います。

少しずつ便利にはなってきていますが、国のWEBシステムは使いやすさが追求されておらず、手順が分かり難い面がありますよね。

年金業務等にも共通する事ですが、利用者の立場に立ったサービス提供とは思えない事が多いです。

私の場合、今回の設定で数時間を費やし、やっと完了することができました。

同じように苦しんでいる人の助けになれば幸いです。

-マネー

Copyright© Blobuzz Club , 2020 All Rights Reserved.