音楽

アレックス・エバートのBAD BAD LOVEに天才を感じる

映画「フライトナイト/恐怖の夜」の冒頭で流れてくる渋い挿入歌を聴き、「誰の歌?」と気になった人へ、その答えを記事にしました。

私は、この曲(イントロ)を聴いた時、思わず映画を観るのをやめて調べ始めてしまいました。

私と同じように気になったマニアックな人へ向け、少しこのミュージシャンについてまとめておきたいと思います。

日本ではまだあまり知られていない人ですし、情報も少ないです。

参考になれば幸いです。

 

アレックス・エバート

調べてみると、「Edward Sharpe and The Magnetic Zeros」(エドワード・シャープ&マグネティック・ゼロズ)という長い名前のバンドリーダーとしても知られている人物です。

11名という大所帯ながら、エレクトリックな音源を使わない自然派バンドです。

 

 

なんともいえない味わいと才能を感じさせるグループで、美味しいオーガニック料理を食べた時のような不思議な感覚になりました。

女性ボーカルも、シンガーとしての個性と、独特の才能を感じる人物です。

 

これだけのメンバーを束ねるのは、人間的にもバランス力がいることと思います。

きっとアレックスの才能と人柄を認めた仲間達なのでしょうね。

 

作曲家としての評価も高く、グラミー賞で最優秀ミュージック・ビデオ賞、ゴールデン・グローブ賞では作曲賞を受賞しています。

 

スポンサーリンク

フライトナイトの挿入歌

映画「フライトナイト」の冒頭シーンで流れているのは、アレックス・エバートのソロ作品のようです。

シンプルにコードを鳴らしているだけのイントロなのですが、そのコードチョイスが絶妙で、思わず手が止まりました。

 

「誰だコレ」と体が反応してしまい、色々と調べたのですがなかなか出てきません。

しかたなく、Googleの音声機能を駆使して音楽を特定し、ようやくアレックス・エバートに辿り着きました。

 

楽曲名は、「BAD BAD BAD LOVE」でした。

上手く歌うというシンガーではなく、感情とか情景をメロディーに乗せられるシンガーという印象で、色々な意味で体に沁みるナンバーです。

 

 

まとめ

私は、これまでアレックス・エバートというアーティストを知りませんでした。

当然、彼の受賞歴等も同様です。

そんな、何も知らない私に「普通と違う何か」を感じさせ、手を止めさせたわけですから、すごい事ですよね。

やはり、天才的な才能のある人は、その能力が自然に届いてしまうものなのでしょう。

日本で人気が出るかは不明ですが、希少な才能を持つアーティストとして、今後も注目していきたいと思いました。

 

-音楽

© 2021 Blobuzz Club