心と体 知得情報

サプリメントを購入する前にできること

日本人は、健康志向が高いので、サプリメントを使った体調管理をする人も多いですよね。

でも、ランニング費用としてお金のかかるものですし、なるべく飲まないに越したことはないと思います。

本来は必要のないはずの栄養摂取なのですから、まずはできることを試した上でサプリメントを服用した方が良いと思いませんか?

 

サプリメントを買わせようとするサイトはあっても、サプリメントの使用を抑制する内容の記事は少ないですよね。

本当に体のことを考えるなら、まずは自然な方法が先だと思います。

そこで、私が今までに「へぇー」と思って、参考にしている情報をまとめてみました。

もしかしたら、サプリメントを買わずに済むかもしれませんので、参考にしてみてください。

体調不良のシグナルを知る

体は、体調の異変を色々な形で発信すると言いますよね。

肌の異変や、むくみ等は、典型的なシグナルだと思います。

でも、このような医学的な話は、専門家に任せるのが一番ですので割愛しますね。

ここでは、もう少し身近に感じられる、変わったシグナルをご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

ヒゲで体調がわかる?

最初に、「ヒゲ」で体調を確かめるという、斬新な方法をご紹介しますね。

根拠は不明ですが、何かのテレビ番組で観た情報です。

 

男性限定にはなってしまいますが、ヒゲが伸びる速度は、体調によって変わるのだそうです。

ヒゲの伸びが早い時は、体調が悪く、睡眠不足等の状態である可能性が高いそうです。

逆に、ヒゲの伸びが遅い時は、体調が良い証拠だそうです。

 

これを聞いてから、意識して確認してみたのですが、わりと合っていると感じました。

ちょっと疲れている時や、精神的に辛い時などは、ヒゲの伸びが早かったです。

 

勿論、個体差はあるはずですが、確かに当てはまっているので、最近ではすっかり気にするようになりました。

自分自身が「疲れているかも」と気付いてあげることも大事だと思うので、皆さんもトライしてみてはいかがでしょうか。

 

一説によると、爪や髪の毛等も伸びる早さが変わるそうです。

自分だけの癖を見つけるのも、体調管理のコツかもしれません。

 

体がつる

若い人には全く関係のない話ですが、一定の年齢を超えると、体がつりやすくなりますよね。

単純に運動不足なのだと思っていたのですが、最近それだけではないと知りました。

 

私の場合、足の裏が突っ張る感じがして、気持ちの悪い違和感が発生することがあります。

肩の筋肉も少し硬い方なので、無理をすると痛めてしまいますし、すぐつりそうになります。

 

実は、このような症状は、水分が足りない時に起こり易いそうです。

試しに、同様の症状が出た時に水を飲むようにしてみたら、20分程度で違和感が解消しました。

 

私の場合なので、効き目が感じられないという人もいるかもしれませんが、単純に水を飲むだけのことですから、試してみると良いと思います。

マグネシウムの入ったミネラルウォーター等は、更に予防効果が高いそうです。

 

対処法を知らなければ、「どこか悪いのかも」なんて思ってしまうところでした。

サプリメントが不要な典型例ですね。

 

スポンサーリンク

疲れとダルさ

体の疲れは、入浴と睡眠でどれだけ解消できるか、という部分が大きいですよね。

よく眠れて体がしっかり休まれば、大抵は回復できます。

 

ですから、倦怠感などでサプリメントを飲もうと思う人は、入浴と睡眠でもっと工夫できることがないか試してからでも遅くないと思います。

 

あまり知られていませんが、最も疲れが回復しやすいのは、横向きで寝ることだそうです。

横を向いて寝やすくなるような枕を買ってみるのも対策になるかもしれません。

 

右側を下にして寝ると、胃酸が逆流しにくいので、できるだけ体の右側面が下になるように寝るのがオススメです。

 

逆に、疲れがとれにくいのは、仰向けで寝るスタイルだそうです。

これは、イビキをかきやすくなって、良い睡眠がとれない可能性が高まるからです。

 

イビキをかいている状態は、軽い運動をしているくらいの体力を消耗することも多いらしく、自律神経も休まらないとの事。

知っているだけで、年間で感じる疲れが少しは減りそうな情報ですよね。

 

熟睡と目覚め

熟睡するためには、イビキをかかない体勢が大事ですが、寝具が熟睡を妨げる原因になる場合もあるようです。

 

冬に使用する毛布は、毛布の毛が肌に刺激を与えることで熟睡を妨げる可能性がある為、直接肌に触れるかけ方をしない方が良いのだそうです。

肌触りの良い毛布カバーを使用する等、工夫すると良いですね。

 

しっかり熟睡したら、気持ちよく目覚めたいところですが、朝起きる時の方法でも知っておくと良い事があります。

 

朝は、目覚まし時計で起きる人も多いと思うのですが、これはストレスが大きくなる可能性があるそうです。

音で起こされると、心拍数と血圧が急上昇しやすいので、熟睡感が失われます。

 

本来は、太陽光が少し差し込むようにしておくと、自然に目が覚めやすくなる効果があるそうです。

最近では、光で起こしてくれる「光目覚まし」という商品もありますので、試してみると良いかもしれませんね。

 

疲労回復の知識

疲労回復の手段としては、入浴が一番だと考える人もいると思います。

しかし、入浴によって疲労を回復しようとする際には、注意しなくてはいけない事があるそうです。

 

それは、熱いお風呂に入らない事です。

体が体温を戻そうとするので、結果的に体が疲れてしまうわけです。

疲れをとりたい時は、適温でゆっくりと入浴するようにしましょう。

 

そもそも、疲労の原因は活性酸素によるものだそうです。

お茶などに含まれるカテキンは、この疲労原因の活性炭素を減らしてくれる効果がありますので、サプリメント代わりに飲むと良いかもしれないですね。

 

その他、疲労回復を効果がある食べ物は、イミダペプチドを多く含む食品だそうです。

具体的には、鳥の胸肉や、マグロ、カツオ等です。

疲れた時に意識して摂取すれば、サプリメントは不要かもしれません。

 

スポンサーリンク

肌のトラブル等

最近では、男性でも肌ケアに熱心な人がいますよね。

見た目に直結する部分なので、肌ケアへの関心は年々高まっている気がします。

 

肌に良いサプリメントを探している人もいると思いますので、まずは肌に関する情報をいくつかご紹介しておきますね。

 

乾燥肌

女性の方なら、誰もが常識化していると思いますが、乾燥肌を防ぐにはお風呂上りの5分が勝負だそうです。

 

入浴後5分以内に保湿クリーム等でケアしなければ、乾燥肌が進行してしまいます。

この理由は、角質層にある保湿成分が入浴によってお湯に溶け出してしまい、入浴前よりも乾燥しやすい状態になっているからです。

 

たった30分間で、肌の水分量は半分にまで低下すると言われており、スピード勝負なのはこのような理由があるからなのです。

 

因みに、乾燥肌には、セラミドという成分が有効だそうで、生芋こんにゃく等に多く含まれているそうですよ。

 

肌の老化

肌の老化は、酸化が原因ですが、これを防いてくれる食べ物として有名なのがアーモンドです。

私も、この情報を知ってからは、毎日食べています。

 

アーモンドの中には、ビタミンEがたくさん入っています。

ビタミンEは、肌が酸化する前に活性酸素と結びつき、酸化を防ぐのだそうです。

肌の細胞を守ってくれるので、肌のハリを失わず、くすみにくくなります。

 

アーモンドの摂取量は、一日に20粒位が理想だそうです。

私は、10粒程度しか食べていませんが、一定の効果を感じています。

 

目の下のクマ

寝不足でもないのに、クマやシワができるという人は、目の周りの筋肉(眼輪筋)が血行不良になることが原因だそうです。

 

目の下の皮膚は約0.6mmと薄く、たるみが出ると黒く見えてしまいます。

眼輪筋は、目を閉じる時に使う筋肉なので、長時間の読書や、スマホ使用等によって瞬きの回数が減ると血行不良になります。

 

意識して、定期的に強い瞬きをする等、普段から注意してみましょう。

サプリメントは、このような努力をしてもダメだった時で良いと思います。

 

まとめ

サプリメントが悪いとは言いませんが、やはり自然な食物摂取で補えるなら、それが理想だと思います。

私は、何か体の異変とか不調を感じた時には、その症状を改善させる効果のある食べ物を調べるようにしています。

 

まずは、自然な食事として、体が必要としている成分を多く含む食材を摂るという事から始めています。

シグナルをキャッチし、正しい知識で予防やケアを行い、それでもダメだったときに補助的に使用するのがサプリメントの本来の在り方なのではないでしょうか。

-心と体, 知得情報

Copyright© Blobuzz Club , 2020 All Rights Reserved.