マネー 不動産投資

不動産投資に失敗する人と成功する人の違いとは?

将来的に不動産投資をしたいと考えている人は、少しでも多くの知識を付けておかなくてはいけません。

何故なら、「この物件に決めた」という決断ができるだけの知識がなければ、物件を購入することもできませんし、リスクを回避することもできないからです。

良い不動産投資をするためには、良い物件が必要になり、良い物件を買うには最低限の不動産知識が不可欠という事です。

不動産投資に失敗する人と成功する人の違いを理解することで、正しい行動を意識できるようになるのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

不動産投資に失敗する人

当たり前の話ですが、何事も「行動」しなければ成功しませんし、何も経験できません。

ですから、失敗の要素として第一に挙げたいのは、行動が遅い人です。

 

行動しなければ何も始まらず、知識や経験も増えません。

全く成長のないまま「いつか不動産投資をしたい」と思っているだけの人なんて、成功できるわけがありませんよね。

 

2つ目に挙げたい特徴は、他人任せにする人です。

自分では勉強をせず、信頼できそうな知人や専門家等に丸投げしてしまう人は、不動産投資で失敗する人に多いタイプです。

 

通常、良く分からない事に対してはすぐに行動できません。

ですから、行動するためには学習するしかないでしょう。

 

そして、学習すれば他人任せにすることも減りますから、失敗のリスクも軽減します。

つまり、不動産投資に失敗する人は、学習意欲が乏しい人でもあるのです。

 

不動産投資で成功する人

不動産投資で成功している人達は、学習も早いですし、行動力もあります。

学習と経験を積むことで、決断力もついてくるので、彼等は時間の経過と共にプロ化していく傾向があります。

 

成功者には、プロ顔負けの知識や相場観を持っている人が珍しくありません。

本を読んで学習しているわけではなく、実践的な学習を積んでいるという共通点があるように思います。

 

つまり、投資物件への問い合わせや、不動産投資セミナー等への参加に躊躇がないのです。

どんどん参加して、どんどん経験していくという学習法をとってきた人が圧倒的に多いです。

 

やはり、『学習と行動』がポイントなのです。

不動産投資に必要な知識は、お金を増やすための知識でもあります。

好奇心と向上心を持って、楽しく学んでいける人が成功する人達の共通点に見えます。

スポンサーリンク

不動産投資のリスク

不動産投資での最大のリスクは破産です。

空室が増え、家賃保証が外され、月々の返済ができなくなるのです。

 

大きな物件を持ち過ぎて、借金が膨らんでしまう事例はたくさんあります。

実は、彼等の多くは担保にする不動産が豊富な人達(地主)です。

 

このような人達は、銀行がたくさんお金を貸してくれます。

すると、大手メーカー等は、「大きな建物を建築すれば儲かりますよ」という提案をしてきます。

 

毎月数十万円の不動産収入が得られるという計画書を見せられ、「それならば」とハンコを押すのです。

しかし、数年後には空室が目立つようになり、家賃保証の条件も変わります。

 

すると、毎月の返済ができなくなり、ジワジワと赤字が膨らんでいき、最後は破産するケースも結構あります。

 

彼等がもっと失敗事例等について学習していれば、同じことは起きなかったでしょう。

不動産投資リスクは、学習することで軽減できるということを忘れないでください。

 

まとめ

不動産投資で成功する人と失敗する人の最大の違いは、『学習意欲と行動力』です。

知識と行動力のある人は、他の分野でもチャンスを逃しません。

結果、投資資金も年齢と共に大きくなっていくのだと思います。

不動産投資に必要なのは、資金(信用)と知識と行動です。

積極的に有益な情報をとりに行きましょう!

-マネー, 不動産投資

© 2022 Blobuzz Club