新常識 知得情報

クリニカアドバンテージの使用感と従来品との違いをレポート!

上戸彩さんがコマーシャルし続けているクリニカに、クリニカアドバンテージという新商品が登場しました。

価格も少し高めで、ワンランク上の歯磨き粉といった印象ですよね。

早速、購入して、その使用感や違い等を確かめてみましたので、買い替え時の参考にしてもらえたらと思います。



クリニカアドバンテージNEXT STAGE

成分等を見てみると、従来品のクリニカ(青と白のパッケージ)との違いは、それほど無いように見えます。

 

フッ素を高濃度(1450ppm)配合している点も全く同じですし、「薬用成分が原因菌を殺菌、ムシ歯・口臭を予防」という表記も同じです。

 

歯垢分解酵素に加えて、さらに歯垢を落としやすくするための歯垢分散成分(洗浄剤)を配合している部分も変わりません。

 

ホームページ等で追記されている違いとしては、ジェルペーストになった事と、「大人ムシ歯まで予防」という点と、「知覚過敏症状までケア(硝酸カリウム配合)」といった所です。

 

文字だけで見る限りでは、あまり変わらないように感じますよね?

シュミテクト等と同じように、知覚過敏に対応するとコストが高くなるのかもしれません。

 

大人虫歯とは?

歯の構造は、2つの層に分かれているそうです。

硬いエナメル質でできている部分と、軟らかい象牙質の部分です。

 

歯の根元に近い部分は、軟らかい象牙質でできた部分なので、加齢などによって歯茎が露出すると、虫歯になりやすくなるわけです。

Lionでは、これを「大人虫歯」と呼んでいるようです。

 

スポンサーリンク

使用感の違い

まず、使ってみて最初に感じるのは「ジェル」への違和感でした。

普通の歯磨き粉よりも少し固めのジェルなので、慣れない感触に少し違和感があるのですが、2~3回使っているうちに慣れてきますので、結果的には全く問題ありません。

 

ジェルにしたことによって、歯に残りやすくなっている気がします。

また、歯に付けた時、成分が歯に染み込むような感覚も少しありました。

かすかにしみるような感じです。

 

泡立ちについては、従来品の方が強いので、泡で磨きたい派には物足りないと思います。

磨けている感が分かり難い面がありますが、いつもと同じように磨いていればきちんと汚れが落ちています。

 

歯を磨いた後の感覚としては、クリニカアドバンテージの方がスッキリしていると感じます。

従来品のクリニカは、歯磨き粉の匂いが残る感じと、少し独特の後味がありましたが、アドバンテージにはそういった癖が殆どありません。

 

効果の違い

私は、歯のエナメル質があまり強くない体質のようで、ブドウやリンゴ等の果物を食べただけでも酸味で知覚過敏が起こってしまうことが多いです。

 

クリニカアドバンテージでは、このような知覚過敏の症状が明らかに軽減されます。

そして、冷たいものを食べた時に感じる歯の痛みも軽減されたように感じています。

 

クリニカアドバンテージを使ってみて、最も効果が高いと感じたのは、意外にも「口臭」についての変化でした。

パッケージ等には、あまり大きくアピールされていないのですが、従来のクリニカよりも口臭が抑えられ、スッキリしています。

 

クリニカの場合、歯磨きをして数時間後には少し口臭を感じ始めることが多かったです。

それが、アドバンテージを使ってからは、全く口臭を感じなくなりました。

 

ジェルになったことで、今までよりも汚れがとれているのかもしれません。

それか、菌の繁殖を抑制する効果が高いのだと思います。

 

まとめ

理由はわかりませんが、クリニカアドバンテージは「口臭予防」に最も効果を感じました。

そして、商品特徴として掲載されている通りに、知覚過敏にも効果があります。

知覚過敏については、他社の商品でも色々と販売されていますよね。

正直なところ、知覚過敏については、他社製品との違いはそれほど感じません。

しかし、口臭の面では、他社の知覚過敏用商品に比べて優れている事は間違いないです。

口臭の気になる人は、ぜひ試してみてください。

 

-新常識, 知得情報

Copyright© Blobuzz Club , 2019 All Rights Reserved.