新常識 知得情報

ワイドハイターの粉末と液体の違いとコスパ情報

衣類の汚れや雑菌を漂白するワイドハイターEXには、液体と粉末の2種類があります。

どちらかが使いやすいかや、何故2種類の商品があるのか気になりませんか?

また、ワイドハイターを安く購入できるショップ等もご紹介したいと思います。

今回は、主婦必見の知得情報です。



液体のワイドハイター

そもそもワイドハイターは液体が主流ですよね。

液体の方が安売りされている事も多く、コスパも良い傾向があります。

 

洗濯機に入れるタイミングや用途等は、粉末でも同じですので、自然と安い方を購入していたという人も多いでしょう。

 

粉末の方が、価格が高いですよね。

これにはきちんとした理由があります。

 

つまり、粉末と液体では、成分や効果が違うのです

液体のワイドハイターは酸性で、過酸化水素水に界面活性剤などの洗剤成分が入っています。

 

ウールや絹にも使える他、液体なのでシミや汚れに直接つけることができるので、手軽に使える利点もありますよね。

この為、ワイシャツの襟の汚れ等は、液体の方が扱いやすいです。

 

ちょっとした汚れであれば、液体で充分だと思いますが、頑固な汚れや臭いについては粉末を使うと良いわけです。

 

粉末のワイドハイター

ワイドハイター EXパワー」粉末タイプの主成分は、過炭酸ナトリウムで、水に溶かしてつけ置き漂白することも可能です。

 

溶かした液は弱アルカリ性なので、ウールや絹、中性又は中性洗剤の使用を指定されている衣類には使うことができません。

液体のワイドハイターとの違いとして注意しなければいけない部分の一つです。

 

また、粉末のワイドハイターを液体容器に混ぜると、発砲圧力で容器が破裂することがあります。

粉末状のワイドハイターは、水分と混ぜないように注意してください。

 

作業着やスポーツウェア等、汗の臭いや汚れ等が強い場合には、粉末のワイドハイターがオススメです。

ミートソース等、ケチャップ類等は汚れが落ちにくいですよね?

粉末のワイドハイターで何度か洗っていると、ケチャップ類の汚れも綺麗に落ちます。

 

効果として最も感じるのは、臭いが取れるという事です。

雑菌を抑えられる為、「汗をかくとすぐに臭くなる」という事が起きにくくなります。

 

使用のコツと注意点

液体のワイドハイターで汚れが落ちないと、液体の量を増やして落とそうと考えてしまいがちです。

夏場には、洗濯機に入れる量を増やしてみたという経験がありませんか?

 

しかし、量を増やしてもそれほど効果は変わりません。

成分が変わるわけではないので、これを続けると生地がゴワゴワしてきます。

要するに、漂白効果よりも生地の痛みが進んでしまうようです。

 

汚れや臭いの落ち方が物足りない時は、粉末を試すのが正解です。

粉末は、漂白効果が高いのですが、規定量で使用していればゴワゴワ感もありません。

 

スポンサーリンク

お得な購入方法

 

粉末のワイドハイターは、液体に比べて価格が高い為、購入に躊躇する人もいますよね。

効果は間違いないので、購入を決めて良いと思いますが、肝心なのは「どこで買うか」です。

 

最近知ったのですが、実はコストコで買うのがお得のようです。

いつも同じ価格で購入できるかどうかは不明ですが、かなり安いです。

 

特に安売りをしている様子でもないのに、一般のお店よりもお得なのです。

自分が会員になっていない場合は、知人等にお願いしてみると良いと思います。

 

粉末のワイドハイターの価格は、詰め替え用450gで470円(税込)前後だと思います。

ドラッグストア等の安売りでも、これが380円(税込)前後になる程度です。

 

ところが、コストコには、詰め替え用の粉末ワイドハイターが2キロ単位で売っていて、これが税込で1398円でした。

450gの商品で換算すると4.4個分の量ですから、かなり安いですよね。

 

 

しかも、詰め替え用の袋でありながら、そのままでも使えるように計量スプーンまで付いています。

洗濯物の多いご家庭では、これを使うのがベストだと思いますよ。

 

まとめ

我が家では、夏の時期はずっと粉末を使っています。

一度、粉末ワイドハイターの効果を知ってしまうと、「冬もこれでいこうかな」と思う人さえいるのではないでしょうか。

やはり、気持ちよく汚れが落ちて、臭いを抑える効果が高いですから、液体商品との差額価値はあると思います。

皆さんの参考になっていれば幸いです。

-新常識, 知得情報

Copyright© Blobuzz Club , 2019 All Rights Reserved.