マネー 楽天ポイント

楽天モバイルは実際どうなの?乗りかえ1ヶ月経過の感想です

楽天モバイル UN-LIMIT(楽天回線)に契約移行し、実際に使用を開始してからの感想記事です。

携帯電話を変えたいとは思っていても、各社の違い等が良く分からなくて動けずにいる人は結構多いと思います。

また、従来の楽天モバイル(ドコモ回線)からの契約移行について迷いがある人もいるのではないでしょうか。

アンテナ設置状況や、通話時の電波状況等、「本当に楽天回線で大丈夫なの?」という不安もあると思います。

楽天モバイルへの乗り換えを検討している人の役に立つ実体験を掲載しておきますので、みなさんの決断に役立ててください。

 

楽天モバイルの料金

既にご存知だとは思いますが、楽天モバイル(UN-LIMIT)は、使用量に合わせて料金が決まる仕組みです。

つまり、楽天モバイルに真っ先に乗り換えをすべきなのは、「高速通信の使用量が少ない人」です。

 

例えば、それほどスマホで動画等を観ない人とか、Wi-Fi環境での使用が多い人等です。

楽天モバイルは、乗り換え時のキャンペーンがお得なケースも多いので、このような条件化の人達なら、一日も早く乗り換えるのが得策です。

キャンペーン等、詳しくは楽天モバイルのWEBページに記載されていますので、必ずチェックしてフル活用しましょう。

 

まずは、契約前の不安点等について、私の体験談を読んでみてください。

 

旧楽天モバイルからの移行について

旧楽天モバイル(ドコモやAU回線)を利用している人は、新プランへの移行手続きが必要です。

自動的に切り替わるわけではありませんので、注意してください。

 

この選択は、他社の回線を借りるのではなく、楽天独自の回線へと移行するという事です。

移行手続きは簡単ですが、現在使っているスマホがそのまま使えない可能性がありますので、HP等で対応機種を確認しましょう。

 

キャンペーンを使えば、スマホ代がポイントで返還される「実質ゼロ円」の機種変更ができることも多いので、日頃からチャンスを伺っておくと良いでしょう。

 

楽天回線への不安

大手キャリアにアンテナの設置場所をとられている中での事業スタートをした為、楽天回線はアンテナの設置場所を探すのにとても苦労しました。

多額の先行投資の末、やっとこの問題も解決され、かなりのエリアで問題なく通信できるようになっています。

 

楽天モバイルのWEBページ内では、使用可能な回線エリアを確認することができますので、契約前に必ずチェックしてください。

但し、通信可能エリアであっても、一部の山間部等では回線が繋がりにくいというケースもあります。

 

この為、ショップ等に電話問い合わせをし、自分のエリアで何か通信不備の報告が入っているエリアがないか聞いてみると良いです。

これらの問題がクリアできれば、まず問題なく使用できます。

 

私の場合、むしろドコモ回線の頃よりも通信状況が良くなりました。

旧楽天モバイル(ドコモ回線)からの料金の変更も自動的に切り替わるので手間もありませんでした。

 

回線スピード自体は、むしろ向上していますから、使用可能エリアさえ確認しておけば全く心配はいりません。

 

本当に0円になるの?

結論から言えば、本当に0円です。

私の場合、自宅でのリモート業務が多い為、Wi-Fi環境で使用する事が多いです。

たまに外出した際に、通常の使用方法になりますが、それでも1ヶ月で使用する料は1GB以下です。

 

電話についても、楽天回線では国内通話が無料です。

旧楽天モバイルの「楽天でんわ」では、10分までが無料でしたが、移行すれば無制限で無料使用できます。

 

この為、余計な電話代がかかることもなくなりました。

おそらくですが、私の使い方で1GBを上回ることはないと思います。

本当に嘘みたいに安い携帯キャリアだと思いますよ。

 

手続の面倒さ

私のオススメは、ネット(my楽天モバイル)からの切替えです。

手続がネット上で完結するので、店舗で何時間も説明を受ける必要がありません。

 

とても簡単なので、わざわざ店舗に足を運ぶ意味はないと思います。

分からない事は、チャット等でも問い合わせができますし、ネット上で調べれば大抵のことは調べられます。

 

楽天での登録情報に何か問題がある人(生年月日が違う等)は、ネットでの切替えが完結できませんので、まずはホームページ上のチャット相談か、電話相談をするのが良いと思います。

 

コロナ対策としても、郵送でスマホが送られてくる方が安心ですよね。

スマホが届いたら、説明書に書いてある通りにSIMカードを挿入し、スマホを起動するだけです。

 

あとは、設定項目が自動的に表示されますので、これを選択していくだけです。

元データについては、店舗でも移行サービスを行っていませんので、そもそも自力でやることになります。

これについても簡単な方法がありますので、以下にご紹介しておきます。

 

データ移行は簡単!

旧スマホでは、大抵の人がGoogleドライブや、OneDrive等のストレージサービスを利用していると思います。

使っている覚えがない人でも、Googlechromeを使っていた人なら、自動的にデータがバックアップされていると思います。

 

新しいスマホでグーグルのログイン画面を開き、アカウントを入力してみてください。

すると、Googleドライブに保存されていたデータが自動的に移行されます。

 

電話帳やアプリ等を元通りにしてくれる機能があるわけです。

但し、アプリ内のデータ(ゲームデータ等)については、別途の保存データが必要な場合が多いので、事前にバックアップしてください。

 

おサイフケータイの情報についても同様です。

各媒体によって移行方法が異なりますので、使っているアプリごとに調べておくと良いです。

 

最悪の場合、パソコンから手続きをして再度新しいスマホに登録する方法もありますので、怖がらずに進めてみてください。

必ず解決手段はありますよ。

 

AQUOSの使用感

私は、キャンペーンを利用してAQUOS(シャープ製品)を2台購入しました。

sense2からsense4に乗り換えたのですが、操作方法やボタン位置が若干変わっています。

 

私は元々はソフトバンクでiPhoneを使っていましたが、最初は少し操作等で戸惑う部分もあるかと思います。

でも、結果的にはAQUOSで全く不便なく使えていますし、何も問題はありません。

 

今では「何故、iPhoneに高いお金を払っていたのだろう」と思うくらいです。

私の場合、数日ですっかり慣れ、何の違和感もなくなりました。

 

Wi-Fi環境なら無敵

私の場合、普段の使い方(ホームWi-Fi)では、月に1GB使う事はありません。

因みに、仕事等で一日に何度か会話する程度と、あとはゲーム等を多少やるくらいの使用頻度です。

 

自宅にWi-Fiルーターを設置して以降、殆ど通信量は変動しません。

まだ1GBを上回ったことはないので、基本料金はどこよりも安い結果となっています。

 

外出時に高速通信を使うケースでも、月額980円程度で済むはずです。

変えない理由が見当たりませんよね。

契約者が500万人に到達するのも納得です。

 

購入時の注意点

店舗での契約には、2時間は必要だと思ってください。

かなり待たされるので、WEBで契約できる人は、自分のタイミングで契約できるメリットを活かすことができます。

 

WEB契約の場合、携帯が郵送されてくるので、これをチャットサポート等を利用しながら自分で行うイメージです。

ネットでの申し込みの方が、手数料等が安い部分がありますので、出来る人はWEBでの申し込み方法がお勧めです。

 

その時期によって内容が変わるため、詳細については記載しませんが、WEBの場合には「キャッシュバック」や「事務手数料無料」等の特典が付くことが多いです。

 

チャットで所要時間や不明点等は全て解決できる仕組みになっていますから、「店舗契約でないと不安」と感じていても、チャットで質問を解決していくうちに「なんだ、意外と簡単だね」という事になっていくと思います。

 

楽天モバイルのサイトへ行き、申し込みに関連するページを表示すると、右下にチャット機能が自動表示されます。

これを利用して、どんどんわからない事を解消していくと良いと思います。

私は、これで不明点が全て解決できて、契約への決断が格段に早まりました。

 

セキュリティの注意点

新品の携帯は、最新のセキュリティ更新が行われていない場合が多いです。

この更新作業は、Wi-Fi環境で行わないと有料通信になる可能性があります。

 

自宅にWi-Fiが無い人は、会社やコンビニ等のフリーWi-Fiスポットで行うようにしましょう。

また、アンドロイド機種では、ウイルスバスター等のセキュリティソフトも併用することを推奨します。

 

まとめ

楽天モバイルは、使用感についても本当に快適ですし、なんで今まで高いお金を払っていたのだろうと後悔する人も多いことでしょう。

皆さんも、キャンペーンを活用してタイミング良く乗り換えを進めると良いと思います。

楽天でんき等、その他のポイント恩恵まで考えると、年間で数万円の違いが出てくる人が多いと思いますよ。

本当に動かないと損な話ですので、是非お試しください。

-マネー, 楽天ポイント

© 2021 Blobuzz Club