マネー 相続

税理士を変えたい人達の不満

色々な人に税理士への評価を聞いてみるのですが、「うちの税理士はとてもいいよ」という話は何故かあまり聞きません。

要するに、今の税理士を信頼しているから『絶対に変えたくない』という話を聞かないのです。

むしろ、「できれば税理士を変えたい」と思っている人とか、「別に今の税理士でなくてもいい」等と思っている人が多いのです。

現状は、面倒だからそのままにしているとか、良い税理士の探し方が分からずに放置しているのです。

 

税理士を変えたくなる理由とは?

税理士を選び、実際に仕事をしてもらった結果、「変えたい」と感じるのですから、何か明確な理由がありそうですよね?

では、税理士の仕事ぶりについて、どんな部分に不満を感じるのでしょうか。

 

私が仕事上でよく耳にする理由を挙げてみます。

  • 杓子定規で融通が利かない
  • 対応が悪く、態度が冷たい
  • 具体的な対策(アドバイス)がもらえない
  • 料金が高い
  • 基本的な事しかやらない
  • やる気が感じられない
  • 間違いが多い

 

私の知る限りでは、このような不満を口にする人が多いです。

料金が高い」・「間違いが多い」という理由以外の不満については、相性の問題もあると思いますが、殆どのケースにおいて顧客のニーズに応えていないことが原因のようです。

但し、依頼者の頼み方や、契約の前提条件等によっては、税理士側に責任がない場合もあると思います。

 

そもそも、約束した仕事をきちんとしていれば、悪い税理士ではありません。

顧客側が、税理士にプラスアルファを求めすぎている面もあるかもしれません。

 

おそらく、顧客側が税理士を変えたいと思うようになるのは、何かが物足りないからです。

それ以外の場合、何か人間性等の面で問題があるという事でしょう。

 

スポンサーリンク

税理士のタイプは3つ

税理士には、大きく分けて3種類のタイプがいると思います。

  1. 機械的に頼まれた事だけをするタイプ
  2. 重要な事だけ助言し、基本はいつも通りにやるタイプ
  3. 積極的に節税案等を提案し、丁寧に対応するタイプ

 

できれば、3番の税理士に依頼したいところですが、なかなかお目にかかれないのも実情です。

どのタイプも税理士には変わり有りませんが、このうように当たり外れとも言える違いがあるわけです。

 

変えるべき税理士とは?

料金が高い」・「間違いが多い」・「誠実さが無い」等といった理由の場合、税理士の変更を考えて良いと思います。

これらは、税理士としての資質に欠けると言って良い理由ですし、同じ料金を払うのであれば少しでも良い相手を見つける努力をすべきでしょう。

 

教師や警察官の中にも犯罪を犯す人がいるように、税理士の中にも不誠実な人はいます

事実、金儲け主義の税理士に依頼すれば、信じられないような料金を請求されることもあるのです。

 

ある税理士の例では、「自分は相続対策のエキスパートだからコンサル料が高い」という理由で約500万円を請求し、本当にこれを受領していました。

両者が納得しているなら問題はありませんが、もっと安い料金で、同じレベルかそれ以上の対策を講じてくれる相談先は必ずあります。

 

相続に強い税理士に頼りたい

相続対策の相談はADVICEYOUへ

※税理士に関する不満を解消!

 

相続対策の相談先

相続対策の相談先は、税理士が一番だと思っている人は多いですよね。

でも、正しい手順でベストプランを出せるかどうかとなると、全く別の話なのです。

 

実際、税理士の中には、間違った対策を指導し、実践させている人達が大勢います。

申告業務においても、不動産評価のミス等は決して珍しくありません。

評価ミスによって相続税が高くなってしまっても、依頼人はそのミスに気付くことさえできません。

国税側は、申告側が必要以上の納税をしたとしても何も教えてくれませんから、知らないうちに損をしているのです。

 

税理士を変えずにチェックする方法

一人の税理士を信じるのではなく、第三者的にチェックしてもらうことも大切です。

これが叶えば、ミスや間違った対策に気付ける可能性が高まりますし、税理士を変える必要もありません。

 

以下のサイトでは、既存の税理士をチェックする業務も受けてくれます。

条件を満たせば無料でチェックしてもらえますので、一度相談してみてはいかがでしょうか。

 

現在の相続税対策を無料でチェック!

税理士のチェックを申し込む

※相続税と不動産対策の専門相談サイトです

 

 

まとめ

税理士を変えるかどうかの判断は、とても難しいですし、それぞれの事情もあると思います。

変えたとしても、「皆、同じようなものかもしれない」という考えも過るものです。

結論として、判断基準は、価格面と誠実さで行うしかないと思います。

 

また、相続税対策の相談先の税理士の場合、依頼者側に対策が正しいかどうかを判断する能力がありません。

この為、間違ったことを教えられていることに気付かないケースも多いでしょう。

相続のエキスパートからすれば、殆どの税理士は本当に正しい対策を講じる能力はないと感じるそうです。

相続の場合には、複数の相談先を試すことも検討してみると良いのではないでしょうか。

※当サイトの記事中に表示される商品・リンク等については、掲載(プロモーション)許可を得ております。

-マネー, 相続

© 2023 Blobuzz Club