不具合の対処 知得情報

「URLを開くアプリが見つかりません」と表示された時の対処法

スマホ(アンドロイド)のGoogle検索でページを開こうとすると、「URLを開くアプリが見つかりません」と表示されて閲覧ができなくなっている人のために、対処法を掲載しておきます。

すぐに修復できますので、ご安心ください。

 

スポンサーリンク

エラーの意味

インターネット上のページを開くには、「ブラウザ」が必要になります。

ブラウザとは、『Internet explorer』・『Edge』・『safari』・『chrome』等のことです。

 

どのブラウザを使ってインターネットを見るかは個人の自由ですが、スマホに元々入っていたブラウザを使う人が多いのではないでしょうか。

 

何かの拍子にこのブラウザを消してしまった場合や、アプリが壊れた時などは、URLを開くことができなくなるわけです。

 

この問題の対処法

もうお分かりだと思いますが、グーグルプレイを使ってブラウザアプリを復活させれば良いわけです。

既にインストール済の場合には、「更新」や「有効」を選択するだけで正常に閲覧できるようになると思います。

 

最近では、楽天モバイルの乗り換え促進キャンペーンで携帯を新しくした人も多いのではないでしょうか。

楽天モバイルの場合には、『chrome』が入っていると思いますので、こちらを消してしまうとエラーが表示されるようになります。

 

まとめ

エラーを解消して元の状態に戻すことを目的としているので、とても短い記事になってしまいましたが、無事にエラーは解消できたのではないでしょうか。

ブラウザアプリは消さないように注意しましょう!

-不具合の対処, 知得情報

Copyright© Blobuzz Club , 2020 All Rights Reserved.