オカルト スピリチュアル

神様や霊が見える子供達の話

生まれる前の記憶を持ってこの世に誕生し、しかもその記憶が人間ではなかったと言う子供達が世界中にいるそうです。

彼等は、言葉が喋れるようになると同時に、不思議な事を言い出したり、夢に見た場所に連れて行って欲しい等と言います。

中には、UFOを見たことをきっかけにして、後天的に不思議な能力を身に付ける子供もいるようです。

戦国時代にも、上杉謙信公が「自分は毘沙門天の生まれ変わりである」と公言していましたよね。

数学的な能力も高かったようですし、本当に神様系の人だったのかもしれません。

にわかには信じがたい話でもありますが、世の中にある不思議な事柄には否定できない話も多々あるものです。

今後も、特殊能力を持つ人達については話題を集めそうな予感がします。

 

YouTube動画ビジネス?

最近は、動画でのコマーシャル収入や、番組内でのグッズ販売等を目的に「ネタ」として色々なことをやる人が増えました。

そもそも、YouTubeでの配信目的は「お金を稼ぐため」であることが殆どですので、有料登録や商品販売に繋げる番組も多いです。

 

スピリチュアル系の動画では、霊が映ったとか、神様の姿が映った等という客寄せタイトルで微妙な動画を流す人もいます。

タイトルの付け方を見るだけでも、「客寄せ」の意識が判断できると思いますので、ガセ動画には無駄な時間を使わない事だと思います。

 

本物と偽物の見分けも難しいところですが、動画中のCMがやたら多いとか、番組内で何かを販売し始めたら、個人的には「やれやれ・・」って思ってしまいます。

スピリチュアルな話や、人に親切にしましょう等といった内容で動画配信をしながら、しっかり販売活動等をされてしまうと、どうしても興冷めしてしまいます。(笑)

 

見る側の責任

スピリチュアルの世界は、誰にも否定できませんし、信じるかどうかも個人の自由です。

自分なりに、各自が「嘘なのか、本当なのか」という判断をすればいいとも思います。

 

世界中に、この手の子供達はたくさんいて、ヒーリング能力等で有名になっているケースもあります。

YouTube動画でも、いくつかのケースを確認することができ、その裏に広告収入等を得ている大人がいるという事実もあります。

 

それが悪い事とも思いませんが、こうなると当然に偽物も紛れてくることでしょう。

ですから、今後の配信を希望するようなコメントや応援等も、安易にすべきではないな・・と感じます。

 

かつての芦田愛菜ちゃんや寺田心くん等のように、小さな子供でも設定を理解して長い台詞をこなせる子供達はいますから、「やらせ」の可能性について厳しい批判をしてくる人も出てくるのではないかと思えてなりません。

 

誰でも、大人の洗脳や指示によって子供を商売に利用する行為は許せませんよね。

だからといって、第三者からの過剰なアクションも控えなければならない事です。

 

私達(見る側)の責任としては、その子供達に与える影響やリスクを伝えてあげることなのかもしれません。

本物かどうかは関係なく、子供達が誹謗中傷の的にされるリスクや、今後の生き方への影響を考えてしまうのは私だけでしょうか。

 

日本の神様について

そもそも、皆さんは神様の存在を信じていますか?

信じるかどうかは自由ですが、歴史的に語り継がれている事実にも目を向けてみると面白いです。

 

あまり知られていませんが、日本の神様は古事記に詳しく記されています。

日本には神様がたくさんいたとされていて、その血筋に当たるのが天皇家だと考えられてきました。

 

私達が学校で習うのは、推古天皇あたりからですので、その前に存在したとされる神々については、あまり知りませんよね。

簡単に説明すると、神様は、自然’(精霊)系やお祓い系などにジャンル分けすることができます。

それぞれに得意分野があり、どこの神社でもお参りすれば良いというわけではないようです。

 

長野県の諏訪大社のように、山や木をご神体としている神社では、自然系の神様を祀っています。

一方で、伊勢神宮(アマテラスオオカミ)や出雲(オオクニヌシ)のような名前のある神を祀る神社では、それぞれの専門職があると考えれば良いのです。

 

ギリシャ神話との共通点

ギリシャ神話と古事記の内容は、とても似ている部分があります。

もしかしたら、同じ伝説を別々の国で語り継いでいるのではないかと思うくらいです。

 

当時、ギリシャから神話が伝播する可能性は低そうです。

それに、話の展開や内容がかなり突拍子もない内容なので、思いつきで考えるにしても、もう少しマトモな話になると思えてなりません。

 

日本(古事記)では、2人の神様(イザナギとイザナミ)からたくさんの神々が生まれていったとされていて、その代表子孫がアマテラスオオカミであり、天皇家の祖先とされています。

その子孫のスサノオノミコトが八岐大蛇(ヤマタノオロチ)を退治する話がありますが、ギリシャ神話ではポセイドンが同じような怪物ヘビを退治しています。

 

そして、そのどちらも海の神に任命され、あまり真面目にやっておらず、暴れん坊の神として語り継がれています。

かなり素行の悪いエピソードが残っているのですが、酷似しすぎているのが面白いです。

 

神様と宇宙人

神様や霊が見える人達によると、神様達は元々は宇宙からやってきたそうです。

そして、古事記やギリシャ神話でも創設の神は宇宙にいました。

 

ギリシャ神話では、ガイアという神が創造主のような形で出現し、ガイアから次々と神々が生まれていきます。

ガイアからウラノスが生まれ、ウラノスとガイアが12の神を生み出したとされています。

 

日本(古事記)でも、「天地の神」として最初にアメノミナカヌシノカミ(天之御中主神)が現れたとされています。

更に、4種類の神が現れ、この5柱の神が宇宙を司る神だったとしています。

 

つまり、現代風に言えば5種類の宇宙人が飛来したと言っているわけです。

その5柱が去ると、12人の神(夫婦6組)が使わされたと記されていますので、ここもまたギリシャ神話と酷似しています。

 

本当にあったとしたら

世界では、いくつもの国でこのような神々の話が存在します。

インドやエジプトでも色々な神々が出てきますよね。

 

遠い昔から書物や建造物にまでその形跡が残っている事実を考えると、「昔の人の作り話」と結論付けるのは早計な気もします。

宇宙人を前提として考えてみると、この世界の神々は、宇宙人がつくった自動調節装置という可能性もあります。

 

分かり易く言えば、熱帯魚を飼う時にポンプやフィルター等を入れますよね。

これらの装置は、水を綺麗に保つために不可欠なものです。

 

宇宙人の科学は未知数ですから、本当にこの地球を熱帯魚感覚でつくれてしまうくらいの存在なのかもしれません。

だとしたら、(普通の人には見えない)エレメント体の自動調整装置(神々)を設置しているとも考えられなくはありません。

 

その神々が、私達の知らないところで自然を守り、人口等を調節しているのかもしれないわけです。

そんな風に考えてみると、古事記やギリシャ神話がグっと面白い学問に思えてきます。

 

 

神様が見える人達

信憑性の高い霊能者の方々は、共通して同じようなことを言っています。

神様の姿(サイズ)は様々で、そのスケール感は私達の常識を超えているようです。

 

最近は、このような能力をもって生まれてくるケースが増えているそうで、海外メディア等でも取り上げられています。

また、霊感ではない、特別な能力を持って生まれてくる子供も増加しているのだとか。

 

一方、UFOを見てから不思議な力が身に付いたと言う人もよく見かけます。

何か、宇宙人から特別な役割を与えられたということなのでしょうか。

 

実は、私も中学生時代にとても大きなUFOを見たことがあります。

それ以来、確かに不思議なものは度々見てきましたが、神様の姿は見えないですね。(笑)

 

UFOを見たからなのかどうかは不明ですが、先の見通しが当たることは確かに多いです。

幽霊等を目撃した経験も、人よりは多い方だと思いますが、神様が見えるようになる日は来るのでしょうか・・。

 

神様の力

神様の力は、神が生まれた順番とは関係ないそうです。

人間と同じように、たまにすごく優秀な神様が生まれてくるといった事のようです。

 

悪い霊や、悪いオーラを振り祓ってくれる神様は、剣・水・風等の力を使っている事が多いそうです。

ですから、悪い事ばかり起こる人とか、深刻な悩みがある人等は、お祓いを得意とした神様がいる神社に行くと良いそうです。

 

神様の歴史を学ぶまで、目的によって参拝する神社を選ぶという発想はありませんでした。

あまり行く事もないのですが、今後は少し意識して神社を訪れてみたいと思います。(笑)

 

神社の意味

神社には、悪い霊や波動が集まりやすいそうです。

これは、参拝する人達が悪い物も運んでくるからなのだとか。

 

社に祀る神様は、このような悪いエネルギーを祓い、浄化する仕事をしているという事になります。

ですから、お参り目的もなく安易に神社に入ると、悪いエネルギーを連れてきてしまうこともあるのだそうですよ。

 

神社に入ったら、しっかりとお参りをして、悪いものを祓ってもらいましょう。

まとめ

この手のお話を信じるかどうかは、人それぞれですが、全く否定できない部分があることも確かです。

子供達に、天才や特殊な力を持つ者が増えている理由は、単純に生物学的な進化なのかもしれませんし、神々による意図なのかもしれません。

どちらかは分かりませんが、とにかくそのような事例が増えているということは大変興味をそそられる話ですよね。

 

スピリチュアルに精通している方や、霊能者等の方々は、人間の魂は輪廻転生を繰り返して魂のレベルを上げていると説明しています。

それを見守る存在が神々であり、幽霊や悪霊の類は、この修行から外れた人達のエネルギーということらしいです。

最近では、アメリカ国防総省でもUFOの存在を認め始め、情報公開をするようになってきました。

案外、有り得ない世界観だと思っていた神話は、本当にあった話が形を変えて語り継がれているのかもしれませんね。

-オカルト, スピリチュアル

© 2021 Blobuzz Club