ポケットチェンジの無料クーポン

 

 

心と体

一生独身を決断する人達のメリット・デメリット

生涯を独身で過ごすことを決める人達が増加しているそうです。

これは、独身のメリット・デメリットを理解した上で、多くの人が同じ結論を出したという事でもあります。

世の中の状況は、「独りで生きる」というスタイルを許容していて、昔よりも結婚の意味が薄れているのかもしれません。

独身を貫く決断は、人生において大きな決断で、生き方そのものを変えてしまう決断でもあります。

ですから、「出会いがないから」とか、「独りの方が楽」等といった安易な思考で決断すると、時間を無駄にすることになります。

注意したいのは、将来の状況等、自分が正しく想像できていない部分のリスクまで考えた上で決断する事だと思います。

ですから、客観的な視点から第三者的意見を吟味し、最終決断してもよいのではないでしょうか。

独身でいることを決断するための最終判断材料としてお使いいただければと思います。

 

焦りと逃避はNG

生涯独身の決断が、「焦り」や「現実逃避」から生じた感情である可能性はありませんか?

心当たりが少しでもある人は、再考が必要だと思います。

まだやれることが残されていて、単純に「困難なことから目をそらしたいだけ」という状態だからです。

 

面倒な事、勇気のいる事を乗り越えなければ手に入らない幸せもあります。

誰もが奇跡的な出会いをするわけではないので、結局のところは「どれだけパートナーが欲しいか」という話になります。

 

この気持ちが強く持てないと、積極的な行動に至らず、「独身でもいいや」と投げやりに考えるようになってしまいます。

もしも、「本当は欲しいけれど、色々と難しい」という気持ちなのであれば、まだ諦めるべきではない人だと思います。

 

スポンサーリンク

 

独身が合っている人とは?

独身の決断が合っている人というのは、「パートナー等いなくてよい」と本気で思える人や、他人の意見がストレスになるような人です。

そして、生涯独身のままでも充分に生きていけるだけの財力があることも重要だと思います。

 

老後の状況を正しく想像できていない」という人は、間違った判断となる可能性がありますよね?

その時になって間違いに気付くのは避けたいところです。

 

実際のところ、老後の想像が正確に出来る人はいないと言っても良いかもしれません。

時代は常に変化していきますし、老後の自分の状態は誰にも分からないからです。

 

そこで、重要なのは、「避けたい事態と、可能性の高い状況の両方を想像する」という事だと思います。

その上で、確固たる意志(覚悟)を持って決断できる人は、生涯独身の道を選んで良い人と言えるでしょう。

 

避けたい事態とは?

最悪の状態にも色々ありますので、これを突き詰めて考えるのは意外に難しいものです。

ですから、確実に起こるシーンで「避けたい事」を考えるのが良いでしょう。

 

例えば、自分の死に方について考える事もその1つです。

賃貸住宅や持ち家での孤独死、病院での死など、独り身での闘病生活をリアルに想像することも必要でしょう。

 

足腰等に支障が出てくる年齢では、ちょっとした買い物も非常につらい事です。

ITサービスの進化についていけず、ネットでの買い物ができなくなるとか、働けなくなった時に支え合う存在がいないリスクも考えなければなりません。

 

介護してくれる身内がいない状況になることもあるでしょう。

老人ホームに入る資力があれば良いですが、子供や孫がいない寂しさとも向き合うことになります。

 

このような状況を踏まえて、それでも独身を貫きたいと思えるなら、パートナーを見つける努力はしなくて良いかもしれません。

一方、これを許容できない人は、多少我慢してでも相手を見つける必要性や、喧嘩しながらも一緒にいる意味を再考しなければならないという事です。

 

独身メリットとの比較

独身でいる事には、色々とメリットもありますよね。

子供や家庭へのサービスも必要なく、お金も比較的自由に使えます。

 

誰かに合わせる必要がないので、慣れてしまえば楽に感じる面も多いようです。

何事においても、等価交換的な要素はあるものですから、デメリットとの比較も肝心です。

 

リアルな比較をしていくと、益々混乱することもあるでしょう。

なんとなく分かっていたけれど、現実を突きつけられると迷う・・というのも当然だと思います。

 

でも、そこに目を向けることで本当の気持ちに気付く事もあるでしょうし、行動するエネルギーが生まれるなら、とことん考えるべきです。

そして、小さなことから行動することですよね。

 

積極的の意味

比較検討の結果、やはり結婚したいと思った人は、今より積極的になる必要があります。

この積極的の意味は、行動するということで、アプローチをかけることではありません。

 

今できる事をやらないのと、やむを得ない事とでは、この先に起こる事に対する納得度合いも違ってきます。

ベストを尽くしてダメだったことは、自分自身への後悔の意味が違いますよね。

 

そして、ベストを尽くすことで、人生の意味や価値も変わってくるものだと思います。

一生独身でいることを避けたいと思う気持ちに気付いたなら、小さな行動を起こしてみてください。

 

小さな行動の具体例

身近で結婚に繋がったケースでは、出会い系のアプリに登録することから始めた人が増えています。

ひと昔前にはなかったツールがたくさん存在しているわけですから、これを活用することでチャンスも広がるということでしょう。

 

考えてみれば、同じような悩みを持っている人達は大勢いて、だからこそ出会い系ツールが成り立っているのです。

その人達の中には、きっと貴方と気が合う人もいるはずです。

 

それを見つけに行くかどうかだけの問題なのではないでしょうか。

要するに、貴方次第ということですね。

 

完全無料のアプリ等の場合、若い世代ばかりが登録をしていたり、真剣身の無い参加者も多いそうです。

この為、手始めに行動するなら低コストで参加でき、尚且つ信頼性の高いサービスがいいですよね。

 

探すのが面倒な人のために、1つオススメのツールIBJの加盟店をご紹介しておきます。

あまりお金をかけずに少しずつ行動したい人に向いていると思いますので、チェックしてみてください。

 

まとめ

独身でいる事の最大のメリットは、他人に合わせる必要のない自由な暮らしができる事だと思います。

その一方で、孤独感からくる寂しさや、老後の心配(働けなくなった時のリスク)等がデメリットとして挙げられます。

これらを真剣に考え、覚悟を決めて決断をした人は、生涯独身でいるメリットが勝るという事だと思います。

 

人生の中で友達ができる瞬間とか、誰かと深いつながりができる場面というのは突然やってきますよね。

これは、たった1日の行動で、その後の人生に登場する人達が変化するということを意味しています。

出会いを求めていく人は、そんな些細なチャンスを逃さない意識が必要なのではないでしょうか。

 

グイグイと肉食的に人に会いに行くということではなく、できるだけ人と関わる場所に足を運ぶ意識を持つだけで良いと思います。

1人でも多く、新しい人との出会いをしていくことで、ソウルメイトのような存在と出会うこともあります。

生涯独身の決断は、本来なら決める必要のない事です。

そして、決めないのであれば、前向きに捉えて行動し続けてみましょう!

 

夫婦円満の秘訣、3つのルールで幸せになれる

人生での幸福度は、夫婦仲の良さで大きく変わってきます。 誰もが幸せな夫婦生活を夢見てスタートしたはずだと思いますが、実際の世の中を見てみると、なかなか難しい状況にある人が少なくありません。 このような ...

続きを見る

 

スピリチュアル的な結婚観と幸せのかたち

『幸せ』といえば、真っ先に連想するのが「結婚」とか「出産」等ですよね。 勿論、一人で生きる幸せもあると思いますが、最終的なゴールを夫婦生活や子育てに設定する人は多いと思います。 そんな幸せのカタチは、 ...

続きを見る

-心と体

© 2021 Blobuzz Club